英語の長文をサクサク解ける様になる3ステップとは?

この記事をシェアする

あなたは英語の試験のとき、長文問題を見てうんざりすることはありませんか?

私は英語があまり得意ではありませんでしたが、その中でも一番苦手だったのが長文問題でした。
私が学生のときは、英語の長文を見ると頭がショートして、かなり適当に答えていたのを思い出します。

英語の中でも最重要科目と言われる長文に、どうやって立ち向かっていけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

長文に立ち向かうための3ステップ

1、英単語を覚えよう

まず初めに英単語を覚えなければなりません。
英単語が分からなければ、英語の長文が読めるわけがありません。

英単語すら覚えずに英語の長文に挑むというのは、ひらがなもカタカナも漢字もろくに分からない人が日本語の長文を読むようなものです。
当然、分かるわけがありませんよね。

なので、英単語の暗記が必須なのです。
ひたすら単語帳を見て英単語とその意味を調べる以外にも、長文の練習問題をたくさん行って、よく出る単語を拾っていく方法が私としてはおススメです。

暗記するには、反復あるのみ。
こちらの記事でも紹介している、「エビングハウスの忘却曲線」の原理です。

勉強を好きになろう!暗記力が上がる勉強法とは?

では、実際にどのくらいの数の単語を覚えれば良いのでしょうか?
調べてみると、一般的な大学受験レベルならば5000語程度の暗記が必要だそうです。

ただし、早慶などの一流大学やTOEIC・英検準1級などは7000語以上の暗記が必要になるそうです。
7000・・・途方もないですね。

ですが、それが必要ならば覚えていくしかないのです。
大きすぎるハードルへの対処法は、こちらの記事で触れています。

集中力を向上させる、今すぐできる3つのテクニック

2、文型を覚えよう

単語を覚えたら、次は文型を覚えましょう。

日本語と同じように、英語の文にも「型」が存在します。
いくら単語を覚えても、文型が分からなければ長文を理解することができません。

また、英単語は文型によって意味が異なるものがあります。
例を挙げると、bookという単語には「本」と「予約する」という2つの意味を持ちます。

あなたが英単語の意味を完璧に覚えたとしましょう。
ですが、「文の中の英単語はどちらの意味なのか?」ということが分からないと、訳するのに余計な時間がかかってしまいます。
なので、文型を覚えるのがとても重要なのです。

スポンサーリンク

文型を覚えたら、長文の練習問題をするときに、覚えた文型がどのように使われているのか調べてみましょう。

「この文章は何文型か?」と考えながら長文を読んでいけば、文型がどんどん分かるようになりますよ。

3、構文把握を勉強しよう

構文把握・・・普段の生活ではあまり聞き慣れない言葉ですね。
あなたは構文把握の意味が分かりますか?

瞬時に文型などを見分けて、適切に英文を訳す技術のことを構文把握と言うそうです。
では、構文把握が出来るようになると、英語の長文問題ではどのように役立つのでしょうか?

I think that he is cool. という文を例にしてみましょう。
「私は、彼はかっこいいと思う。」という意味ですね。

構文把握ができない人がこの文を訳すと、
「Iは私と言う意味で、thinkは思うで、thatは、heは・・・」と言う風に1単語ずつ日本語に訳してしまい、かなり時間がかかってしまいます。

ところが、構文把握ができる人は
「I think thatで私は思うで、he is coolで彼はかっこいい」と言う風に、英文をある程度の塊にして文を読めるようになるのです。

これにより英文を訳す回数がかなり少なくなるので、英文を読むスピードを数倍にすることも可能です。
浮いた時間で、他の問題の見直しなどができますね。

まとめ

英語の長文問題は、英語が苦手な人にとっては
まさに地獄のような問題だと思います。

ですが、勉強の仕方さえ間違えなければ、
地獄どころか、一番の点の稼ぎどころにもできるのです。

どちらにするかは、あなた次第です。

スポンサーリンク