お盆の香典の相場はいくら?のし袋の書き方は?キリスト教の人へは?

この記事をシェアする

香典を包むときの最大の疑問が、「どのくらいの金額が相場なのか?」ということです。
お金の問題は一歩間違うと恐ろしいことになるので、ついいつも悩んでしまいがちです。

いったい、いくらくらいの金額を包んでおくのがマナーなんでしょうか?

スポンサーリンク

お盆の香典の相場はいくら?

お盆の香典には、3,000~5,000円くらいが最適です。

「3,000~5,000円」という金額にするのには理由があります。
この金額は、高すぎるとも思われず、かといって安すぎるとも思われにくい絶妙なラインです。
人間関係がこじれることが一番少ないのが、この金額の贈り物なのです。

相手が初盆の時はどうする?

初盆の場合は、普段のお盆よりもお金をかけて行う場合が多いです。
来た人に食事をふるまったり、少し豪華なお供え物をしたりすると、結構財布に響くものです。

なので、初盆を迎えた相手には気遣いの意味を込めて、少し多めの金額を包んでやるのがいいでしょう。
あんまり高すぎても相手に余計な心配をかけさせてしまいますし、1万円程度にするのが適当です。

ほんの小さな気遣いですが、してもらった相手にとっては大きな助けになるはずです。

香典の金額を決める時に気を付けること

香典のお札の枚数や贈る金額に、「4」や「9」を含めてはいけません。
それぞれ「死」「苦」と読めるので、縁起が良くない忌み数とされているからです。

お盆の香典袋の書き方は?

気を付けなければいけないのは、お通夜や葬儀の時とは、のし袋の表書きが異なるということです。

お盆の香典袋の表側は、「御仏前(御佛前も同じ意味)」か「御香料」です。
お通夜や葬儀ののし袋には「御霊前」と書くのが一般的ですが、お盆の香典では
「御霊前」はふさわしくありません。

仏教では、四十九日を境にして亡くなった人の扱いが変わります。
四十九日の間は「霊」として、四十九日を過ぎると「仏さま」として扱うようになります。
なので、「御仏前」はお盆には適さないのです。

水引の色は「黒白」または「双銀」。水引の結び方は「あわじ結び」です。
他の結び方もあるのですが、私はあわじ結びをお勧めします。

あわじ結びは冠婚葬祭すべてに使い回せるので、覚えておくと非常に便利です。
水引の色を変えるだけで簡単に用途を使い分けられるので、私も愛用しています。

水引の下の中央部には、自分の名前を書きます。
名前を書くときは、もちろんフルネームです。

スポンサーリンク

個人ではなく、複数人で一つの香典を贈る場合もあると思います。
そういったときのマナーも紹介します。

  • 夫婦で一緒に出すときは、中央に夫のフルネームを書き、左に妻の名前だけを書きます。
  • 夫婦ではない間柄の人が2人の場合は、夫婦の時と違って、どちらかの名前を左右に寄せないようにして書きます。
  • 3人の場合は、中央とその左右に一人ずつ名前を書きます。
  • 4人以上の場合は、代表者の名前を中央に書き、左下に「他〇名」と書きます。

香典を贈る相手がキリスト教の時は?

宗教が違うと、亡くなった人に対する接し方も異なってきます。
死生観に関わる作法は非常にデリケートな部分なので、失礼にならないようにきっちり確認しておきましょう。

キリスト教では、そもそも香典という習慣は存在しません。
なので、香典としてではなく、キリスト教に適した別の方便を使わなければいけません。

キリスト教の相手には、「御花料」(プロテスタント系の方向け)や、「御ミサ料」(カトリック系の方向け)という表書きが良いでしょう。
「御仏前」ではダメです。キリスト教に仏様の概念はないので、意味を分かってもらえません。

水引の色や結び方、会葬者の名前の書き方は一緒です。
ただし、「ハスの花」が描かれたのし袋を使うのはやめましょう。
(ハスの絵ののし袋は仏教専用の物のため)

まとめ

冠婚葬祭のマナーは、普段使わない分どうしても忘れがちです。

今はネットでマナーを簡単に調べられる時代ですし、失礼のないようにしたいものです。

スポンサーリンク