蚊が活発になる時期や時間帯はいつ?越冬はどうしている?

この記事をシェアする

私たちの血を狙って忍び寄ってくる蚊。
奴らは暖かくなってくると、どこからともなく大量に発生してきます。

蚊が増える時期になれば蚊取りグッズも大量に出回り始めるので、ある意味では季節を感じることができる風物詩と言えるかもしれません。
「蚊=夏」という図式は、これまでも、そしてこれからも変わることはないでしょう。

今回は、そんな蚊の生態をまとめてみました。

スポンサーリンク

蚊が活発になる時期はいつからいつまで?

ほとんどの動物には、活動が活発になる気温というものがあります。

もちろん、蚊も例外ではありません。
蚊が活発になる気温は、だいたい20~30℃くらいと言われています。

昔の日本では、これぐらい暑くなるのは夏の間くらいでした。
ですが、最近は地球温暖化や人口密集によって平均気温がどんどん上がっていったこともあり、夏以外でも蚊がブンブン飛び回ることも珍しくなくなりました。

かつては夏の風物詩だった蚊も、今では4月~11月頃の広い時期にまたがって出没するようになりました。
春や秋の蚊なんて、昔の人にしてみれば季節外れもいいところです。ですが、環境の変化によってそうも言ってられなくなってしまったのです。

本格的な蚊の対策をするのは、夏だけでも十分です。
ですが、蚊に刺された時のもしもの備えや簡単な虫除け道具くらいは、一年中欠かさず用意しておいた方がいいかもしれません。

point!一部の蚊(チカイエカなど)は、冬でも元気に血を吸いにやってきます。

蚊が活発になる時間帯は?

蚊の種類によって、活発になる時間帯は異なります。

ですが、ほとんどの蚊にはある共通した習性があります。
奴らは夏の季節に増えるにもかかわらず、意外にも高温の環境が苦手です。

具体的には、35℃を超える高温になると吸血活動をやめて、涼しい草むらの陰などに潜む習性があります。
よく考えたら、太陽がさんさんと照っている真っ昼間に蚊がいるところって、あんまり見たことがないですよね。

逆に考えれば、蚊が活発になってくるのは、涼しくなる夕方や夜にかけてであることが分かってきます。

また、人の血を吸いにくるタイプの蚊は、光に引き寄せられる性質を持っていることが分かっています。

どこもかしこも明るい昼間よりも、光っている場所が少なくて目立ちやすい夜の方が、蚊が寄ってきやすいのです。

point!アメリカの研究によれば、蚊を始めとした吸血生物は、満月になると活発になるとのことです。
なんだか現実離れしたファンタジーな話ですが、どうやら本当のようです。

なんでも、満月の日は通常の500倍は活発になるのだとか。
満月の日は、特にきっちり対策した方が良いですね。

蚊はどうやって越冬している?

雪が降り積もるような冬の間は、さすがに蚊を見かけることはまずありません。
では、蚊はどうやって厳しい冬を越しているのでしょうか?

スポンサーリンク

蚊の冬越しは、種類によって大きく2つに分けられます。
成虫のまま、どこか暖かい場所に引きこもって春を待つ種類。そして、卵の状態で冬を越す種類です。

どちらにせよ、温かくなれば奴らは活動を再開して、喜んで私たちの血を吸いにやってくるので、あまり関係ないかもしれませんが・・・

蚊はどんな場所に産卵する?

蚊は、田んぼや川辺などの静かな水たまりに産卵します。
また、産卵に広い場所を必要としないため、ほんの小さな水たまりでも卵を育てることができます。

バケツなどに水を貯めたまま外に放置するのは、蚊に家を提供しているようなものです。
そういったものを片付けることで、少しは蚊の発生を抑えられるかもしれません。

どのみち蚊が好むような水たまりは周りに無数にあるので、根本的な蚊の発生を止めることはできません。
しかし、自分の身の周りの蚊が少しでも少なくなれば、虫刺されに悩まされる確率も比例して減っていくはずです。

point!ちなみに、蚊は水質にはうるさいようで、キレイな水道水には産卵しないという特徴があります。
蚊の幼虫であるボウフラの成長には有機物が必要なので、有機物が取り除かれている水道水には、蚊は興味を示さないのです。

まとめ

最近の蚊は、刺されると「かゆい!」だけでは済まされないことがあります。

蚊は、デング熱やマラリア、日本脳炎などの恐ろしい病気を媒介する虫です。

特に、マラリアは昔は南米でしか確認されてなかった風土病でした。
ですが、温暖化などによる生息域の拡大によって、日本での流行が懸念されています。

たかが蚊と侮らず、できる限りの対策をしていきたいところです。

スポンサーリンク