思春期ニキビと大人ニキビの違いは?原因や対策の方法を紹介!

この記事をシェアする

夏場になると増え始める顔のニキビ。
顔にできるニキビは、男女を問わない共通の悩みです。

ニキビには、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があることをご存知でしたか?
実はこの2つのニキビには、ちょっとした違いがあるのです。

自分のニキビがどちらなのかを確認して、正しい対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

思春期ニキビと大人ニキビの原因の違いは?

思春期ニキビの原因

思春期ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によるものです。

第二次性徴が起こるくらいまで成長すると、体内では男性ホルモンが大量に作られるようになります。
(第二次性徴が起こるのは、男の子なら9~13歳、女の子なら7~11歳の時期です。)

男性ホルモンの働きの一つとして、肌の皮脂腺が活発になるというのがあります。
皮脂が過剰に分泌されると、毛穴付近で詰まりを起こすようになります。

詰まった毛穴付近には、アクネ菌と呼ばれる菌が繁殖し始めます。
このアクネ菌というのが、ニキビの主な原因となる雑菌なのです。

point!思春期ニキビができるような時期は体内の新陳代謝も活発なので、変にいじらない限りは跡が残りにくいのも特徴です。

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は、新陳代謝機能の低下によるものです。

心理的なストレスや食生活の乱れなどは、表皮の新陳代謝の働きを鈍らせてしまいます。
新陳代謝が鈍ると、その部分の角質が剝がれにくくなります。

角質が厚くなれば、その分毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
毛穴が詰まった後は思春期ニキビと同じで、アクネ菌→ニキビ発生という流れになります。
point!大人ニキビはそもそもが代謝の遅れが原因なこともあって、対策しなければ長期間にわたって残り続けます。

思春期ニキビを対策する3つのポイント

1、栄養バランスを改善する

お菓子の食べ過ぎや野菜不足といった偏食は、ニキビのもとになります。

ニキビの発生を抑えるために必要な栄養素は、ビタミン各種やミネラル、コラーゲンや食物繊維などがあります。
普段の食生活で、多めに野菜を取り入れてみるようにしましょう。

サプリメントでこれらの栄養を補うのはお勧めしません。
サプリメント生活を維持するのにはお金がかかりますし、特定の栄養ばかりを摂る行為は、体にとっては非常によろしくないからです。

2、顔をこまめに洗う

皮脂の過剰分泌が思春期ニキビの原因となるので、こまめに洗顔して顔の脂を落とすようにしましょう。

この時、洗顔のしすぎには注意してください。
あんまり脂を落としすぎると、将来的に乾燥肌になる恐れがあります。

乾燥肌になると、ニキビ以外のお肌トラブルも発生しやすくなります。
なので、あまり躍起になって洗顔する必要はありません。1日2~3回も顔を洗えば十分です。

十分な睡眠をとる

睡眠の乱れは自律神経やホルモンバランスの乱れを招き、ニキビの原因になってしまいます。

適切な睡眠時間は人にもよりますが、それでもある程度は睡眠時間を確保した方が健康のためです。
参考までに、最もお肌に良いとされている睡眠時間は7時間半とされています。

スポンサーリンク

また、PM10時~AM2時は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれています。
体内のホルモン分泌が一日で最も活発になるこの時間に睡眠することで、お肌の健康を最大限に保つことができます。

同じ時間寝るなら、夜更かしよりも早寝早起きの方が健康的だということです。

大人ニキビを対策する3つのポイント

1、肌の保湿をする

大人ニキビの場合は皮脂の過剰分泌が原因ではないので、肌そのものをケアしてやる必要があります。

セラミドなどの保湿成分が多めに含まれている化粧水を意識して使ってみましょう。
男性の方もためらう必要はありません。周囲の人に言わないだけで、化粧水でニキビケアをしている男性は意外と多いです。

2、お酒やたばこを減らす

過度の飲酒や喫煙が体に良くないというのは、もはや語るまでもありません。
大人ニキビの大量発生にも、お酒やたばこが原因となっていることが多いです。

ただ、今まで習慣のように続けてきたことを急にやめようとすると、間違いなくストレスのもとになります。
するとかえってニキビを増やす原因になるので、本末転倒です。

お酒やたばこをの量を減らすときは、少しずつ減らしていくのが基本です。
一見遠回りに見えて、それが一番確実な方法なのです。

3、心理的ストレスを取り除く

といっても、ストレスの原因を完全に断つのはまず不可能です。原因となっているものが多すぎますし、個人の手に負えない物も多いからです。

なので、受けたストレスを取り除いてやった方が、対策としては現実的です。

ストレスを取り除く方法の例としては、

  • ・少し長めの半身浴
  • ・趣味に没頭する
  • ・周りを散歩してみる
などがあります。

心理的ストレスを溜めすぎると、ニキビどころでは済まなくなる可能性があります。
うつ病や睡眠障害などの精神的な病気も、心理的ストレスによって引き起こされるものです。

ストレスとは上手に付き合うのが健康のコツです。

まとめ

ニキビを完全に治す特効薬はいまだ開発されておらず、現状では個人で対策をするしかありません。

いつの日か、ニキビの悩みと完全にオサラバできる機会は来るのでしょうか?
それまでは、私たちで何とかするしかなさそうです。

スポンサーリンク