低血圧の改善に運動が良い理由は?リラックス過剰が危険?

この記事をシェアする

頭痛やだるさといった、面倒な症状を引き起こす低血圧。
なった人にしか分からないあの辛さ。一刻も早く、そんな状態から抜け出したいですよね。

低血圧は決して不治の病などではありません。すでに様々な治療法が確立されている、直すことのできる病気です。

今回はそんな数々の治療法の中から、「運動」をピックアップしていきます。
低血圧の改善のためには、どんな運動をしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

低血圧を改善するためにはどんな運動がおススメ?

低血圧を改善するには、ラジオ体操やウォーキングといった軽い運動から始めるのがおススメです。

また、低血圧の原因の一つに、「下半身の筋力低下」というものがあります。
下半身は上半身よりも血液が溜まりやすい構造のため、血流を作るためにある程度の筋肉量が必要なのです。

なので、特に下半身を重点的に鍛えるようにしましょう。

低血圧の改善に軽い運動を推薦する理由

なぜ、激しい運動をおススメしなかったのでしょうか?
それには理由があります。

自分では気づきにくいのですが、長い期間低血圧が続くと、全身の筋肉量が落ちてきます。
この状態で激しい運動をしたところで、体がついていきません。ただ辛いだけです。

また、激しい運動をした後は、一時的にものすごく血圧が高くなります。

普段から血圧高めの人の場合はさほど気にならないのですが、低血圧の人となると話が違います。
血圧が急上昇すればするほど、体の具合もどんどん悪くなっていきます。

また、血圧が急上昇したということは、その後には血圧の急降下が待っているということでもあります。
もちろん、血圧の急降下でも体調が悪くなります。具体的には、吐き気や頭痛といった症状が襲ってきます。

以上のことから、低血圧の改善のために激しい運動をするのはおススメできません。
軽い運動をして体を慣らしてから、徐々に運動の強度を上げていくのが基本です。

低血圧の原因となるリラックス過剰ってなに?

この記事を読んで頂いている皆さんに、1つ質問をします。

毎日生活していく中で、どれくらいリラックスしていますか?
・・・といっても、詳細な数値なんてものは分かりません。あくまで感覚的なものとして想像してみてください。

どうでしょうか?
ストレスとリラックスのバランスがうまくとれていたでしょうか?
それとも、リラックスのし過ぎでダラダラとした感じだったでしょうか?

適度なリラックスをするのはもちろんいいことですが、リラックスのしすぎは低血圧を招いてしまいます。

スポンサーリンク

怒りっぽい人は高血圧になりやすいと、昔からよく言われています。
リラックス過剰による低血圧は、それとは全く逆の原理です。

リラックス状態になると、自律神経の働きによって血管が拡張されるため、一時的に血圧が下がります。

また、それと同時に血流の量も増加します。
ですが、低血圧状態の時は血の流れも悪くなるため、全体的に血液がよどんでしまいます。

この血液がよどんだ状態を「鬱血(うっけつ)」といい、低血圧特有の症状を引き起こす原因となるのです。

リラックス過剰がもたらす悪影響は、それだけではありません。
血流が悪いということは、体温が上がりにくいということでもあります。冷え性や免疫の弱体化といった合併症を引き起こす危険性があります・

また、リラックスが過剰な状態では、体内のリンパ球の生成も過剰になります。
リンパ球の増えすぎはアレルギー体質を招くので、大変やっかいな症状なのです。

このリラックス過剰を防ぐために行う治療法が、上で紹介した「軽い運動」です。

運動によって体を鍛えることで、精神的にもある程度の緊張感が生まれます。
緊張というのはあまり良い響きではないかもしれませんが、適度に緊張することで、体の健康を保つことができます。

まとめ

運動療法は、効果が出るのがとても遅いです。
少なくとも、1日や2日で体質を変えるような力はありません。

継続は力なりという言葉もありますし、少しずつでもいいので毎日コツコツと続けていくのが大事なのです。

スポンサーリンク