夏バテに効くお風呂の温度や時間は?夏にシャワーだけは体にいい?

この記事をシェアする

お風呂の入り方をちょっと工夫するだけで、夏を乗り切る強い体を作ることができます。
寒い冬に体を温めるだけがお風呂の役割ではありません。お風呂のメリットが輝くのは、むしろ暑い夏のほうです。

夏バテ対策に最適なお風呂の温度や入る時間は、いったいどのくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

夏バテに効果的なお風呂の温度は何度くらい?

夏バテ解消に効果的なお風呂の温度は、37~39℃の間くらいです。
普段のお風呂の温度設定をどうしているかにもよりますが、37~39℃というのは、感覚的にはちょっとぬるめのお湯です。

普段から熱いお風呂に入っている人にとっては、少し物足りないかもしれません。高齢者の方ならなおさらです。
ですが、熱いお風呂には夏バテを解消する効果はあまりありません。ぬるめのお風呂の方がよっぽど効果的です。

こう断言できるのには理由があります。
お風呂の温度によって入浴効果が異なることが、すでに証明されているからです。

お湯の温度によって変化する、お風呂の入浴効果とは?

微温浴(37~39℃)

37~39℃のお風呂に入ることを「微温浴」と言います。
夏バテに効果的なのも、この微温浴です。

体温に近いぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、精神を落ち着かせる効果があります。
疲れ切った肉体をほぐす効果もあるので、肉体労働で体がだるい人にもおススメです。

お風呂から出た後に体温が最も下がりやすいのも、微温浴の特徴です。

人間の体は、体温が低下すると自然と眠くなるようにできています。
そのため微温浴を行うと、暑くて寝苦しい夏の夜でも快眠することができるのです。

中温浴(39~42℃)

39~42℃のお風呂に入ることを「中温浴」と言います。
日本人にとってのお風呂とは、大体この中温浴のことを指します。

中温浴の主な効果は、血行や新陳代謝の活性化です。
肩こりの改善に最も効果的と言われているのもこの温度帯です。

高温浴(42~45℃)

42~45℃のお風呂に入ることを「高温浴」と言います。
高齢者の方は皮ふの感覚が鈍るため、意識せずとも高温浴を行っていることが多いです。

高温浴の名の通り非常に熱いお湯なので、体にとってはかなり刺激的です。
体に刺激を与えることによって自律神経が活発になり、精神を高める効果があります。

ただし、高温のお湯には心拍数や血圧の急上昇効果もあります。
なので、お酒を飲んだ後や体調を崩しているときには、高温浴は控えた方がいいでしょう。

夏バテ対策のためには何分くらいお風呂に入る?

夏バテに効く微温浴は、15~20分くらいの入浴時間が最適です。
(ここでの入浴時間とは、湯船に浸かった時間のことを指します)

微温浴レベルのぬるいお湯でも、30分以上は入る必要はありません。
入浴時間は短すぎてもダメですが、長すぎるのも体に良くないからです。

入浴時間が長ければ長いほど血行が促進され、血のめぐりが良くなります。
温められた血液が体を循環すること自体は良いことなのですが、血液の循環には結構な量のエネルギーを使います。

長風呂の後に体がぐったりするのは、血行促進のしすぎで体が消耗してしまうからです。

他にも、長風呂には乾燥肌や心筋梗塞を招くリスクも存在します。
夏場はついダラダラと入浴しがちですが、お風呂の入浴時間には気をつけましょう。

スポンサーリンク

夏にシャワーだけを浴びるのは体にいいの?

夏場はすぐに汗をかきますし、汗を落とすためにシャワーを使う機会も多いです。
そのまま頭や体も洗ってしまって、湯船には一切浸からないという人もいるのではないでしょうか?

ですが、シャワーだけで済ますのとお風呂にしっかり入るのとでは、後者の方が圧倒的に健康的です。

普段から当たり前のように入っているお風呂には、健康を維持する大事な役割があるのです。

冷え性の防止

夏なのに冷え性?と思うかもしれませんが、冷え性を発症する人が最も多いのが夏の季節です。

夏の熱さを乗り切るため、冷房のつけすぎや冷たい物の食べ過ぎといったことをやってしまいがちです。
するとどうなるでしょうか?体の表面は熱いにも関わらず、内部はキンキンに冷えるといった奇妙な現象を引き起こします。

体の内部が冷えるということは、血の流れも悪くなるということです。
その結果、手足の末端まで血液が十分に行き届かなくなり、冷え性などを発症してしまうのです。

湯船にしっかり浸かることで体全体が温まるため、冷え性を予防することができます。
汗を流すだけのシャワーでは、十分に体温を上げることができないのです。

汗をかくことによるデトックス効果

お湯の中なのでなかなか気づきにくいですが、お風呂に入ると結構汗をかきます。
一方、シャワーは汗を流すための物なので、お風呂のように汗をかくことができません。

汗をかくことによって体の老廃物が排出され、健康を保つことができます。
お風呂は、清潔に汗をかくことができる貴重な機会です。

夏場をシャワーだけで済ますということは、その貴重な機会を1つ無駄にするということです。

汗を出す生活をしていないと、やがて体質に影響が出てきます。
汗が出にくい体質と聞くとなんだか良さそうに思えますが、実際は老廃物が溜まりやすいだけの損な体質です。

夏場こそちゃんとお風呂に入って、デトックスしていきましょう。

まとめ

食事バランスを考えたり、運動する習慣をつけるのも夏バテ予防の一つです。
もちろんそれらも大事ですが、まずは日常の習慣を改善していくところから始めていくのがいいと思います。

日本の蒸し暑い夏を乗り切るために、お風呂で体調を整えていきましょう。

スポンサーリンク