蚊取り線香は蚊以外にも効果がある?ペットやアレルギーへの影響は?

この記事をシェアする

日本の夏を乗り切るための必需品、蚊取り線香。

名前こそ「蚊」取り線香ですが、効果を発揮するのは蚊だけなんでしょうか?
もしかしたら他の動物にも影響があるかもしれませんし、ペットを飼っている人なんかは特に気になることだと思います。

蚊取り線香の毒は、どんな生物に効くのでしょうか?

スポンサーリンク

蚊取り線香は蚊以外の虫にも効果がある?

蚊取り線香の成分であるピレスロイドは、蚊専用の毒物ではありません。
なので、蚊と同じくらいの小さくて弱い虫であれば、蚊の時と同様の虫よけ効果を発揮します。

具体的には

  • コバエ
  • 鈴虫
  • 小さな蛾(が)
  • カブトムシの成虫
などの昆虫に対しては、虫よけ効果が確認されています。

体が大きくて強そうなカブトムシにも効くのは、正直意外でした。
お子さんの自由研究などでカブトムシを飼育している家庭では、蚊取り線香を使う場所に注意する必要があります。

逆に、上で挙げた虫以外に対しては、蚊取り線香による忌避効果は確認できませんでした。

害虫の王様であるゴキブリ、家の近くに巣を作るハチ類に対しては、蚊取り線香ではあまりに力不足のようです。
(では、なぜカブトムシには効いたのでしょうか?この理由はよくわかっていません)

ただ、殺虫するまでには至らずとも、弱らせて動きを鈍らせるくらいのことはできるようです。
虫もわざわざ危険地帯には近寄ってこないはずなので、少しは虫よけ効果があるのかもしれません。

蚊取り線香の役割は、あくまでも蚊を追い払うことです。
他の虫が大量発生した時は、蚊取り線香以外の対策を講じる必要がありそうです。

蚊取り線香の煙はペットにも影響がある?

蚊取り線香の主成分であるピレスロイドが人体にほぼ無害なのは、体の中にピレスロイドを分解する酵素を持っているからです。

人間以外の哺乳類、例えば犬や猫なども同様の酵素を持っています。
なので、犬や猫などがいる部屋で蚊取り線香を使っても、健康には影響はありません。

point!ただし、蚊取り線香に対してアレルギー反応を示す場合もあるので、絶対に100%安全とは言い切れません。
(これは犬や猫だけではなく、人間にも同じことが言えますね。)

では、哺乳類以外の他のペットも、同じように毒素を分解できるのでしょうか?

鳥類

鳥類も哺乳類と同じで、ピレスロイドを分解する酵素を体内に持っています。

ですが、鳥類は呼吸器の構造が独特なため、煙に非常に弱いです。
鳥のいる部屋でバルサンや虫よけスプレーを使っていけないのも、そういった理由からです。

まとめると、「蚊取り線香の成分は有害ではないが煙そのものが鳥類にとっては危険なので、なるべく避けるべき」ということです。

スポンサーリンク

両生類や爬虫類

カエルなどの両生類やヘビなどの爬虫類は、ピレスロイドを分解する酵素を持っていません。
なので、それらの生き物にとっては、蚊取り線香は正真正銘の毒です。

ピレスロイドが効果を発揮するのは、低温の環境下です。
なので、哺乳類や鳥類などの恒温動物の体内では効果を発揮しません。

両生類や爬虫類は変温動物なので、ピレスロイドの毒をもろに受けてしまうのです。

水棲生物

蚊取り線香の毒であるピレスロイドは、非常に弱い毒です。
それが水に溶けることによって更に薄まるので、魚類への影響はありません。

ただしエビやカニなどの甲殻類は例外なので、飼っている人は要注意です。
エビやカニは固い甲殻で覆われているので非常に強そうに見えますが、実は薬系の成分には非常に弱いです。

その弱さは相当なもので、同じ部屋でタバコを吸うだけでも死んでしまうくらいの虚弱体質です。
蚊取り線香を焚いても全く同じことが起こるので、絶対にやってはいけません。

蚊取り線香の煙でアレルギーになることってあるの?

蚊取り線香の成分であるピレスロイドは、アレルギーの原因にもなると指摘されています。
毒性が低いとはいえ、殺虫成分であることには違いありません。面白半分で体に取り込んでいいものではないです。

また、煙をたくさん吸い込むことでも、ぜんそくやアレルギーを引き起こす原因になることがあります。

説明書に沿った常識的な使い方をしていれば、蚊取り線香でアレルギーになることはほぼありません。
定期的に換気をするなどして、煙や香りをあまり吸いすぎないようにしましょう。

point!人間以外の生物でも、蚊取り線香のアレルギーを発症する可能性はあります。

ペットの前で初めて使う時は、医者からアレルギーの有無を確認してもらった方がより安全です。

まとめ

蚊取り線香に限らず、どんな道具にも正しい使い方というものがあります。

それを知らずに適当に使えば、どんな問題が起こるか分かりません。命に関わるような大問題が起こる可能性も、無いとは言えないのです。

スポンサーリンク