汗とダイエットには関係はある?夏と冬のどっちが痩せやすい?

この記事をシェアする

夏は汗をたくさんかきますし、あわよくばこれでダイエットを・・・と考える人もいると思います。

ですが、ダイエットはそんなに簡単な物なのでしょうか?
本当に汗をかくだけで痩せられるのであれば、世界中の人はもっとげっそりしているはずです。

汗をたくさんかいたから痩せたのか、それとも違う要素が絡んでいるのか。
今回は、気になるダイエットのメカニズムを紹介していきます。

スポンサーリンク

汗とダイエットに関係はある?それともない?

残念な話かもしれませんが、汗とダイエットには直接の関係はありません。
「脂肪が燃える=汗が出る」と考えている人もいますが、それは間違いです。

運動の結果として汗をかくのであって、汗をかくために運動をするのではありません。
紛らわしい話ですが、正しく健康的なダイエットをするためには、この事実を忘れてはいけません。

そもそも汗は、上がりすぎた体温を調節するために出てくる物です。
もし、本当に脂肪が燃えた証拠として汗が出るなら、運動後の汗は油でギトギトになっているはずです。

また、運動して汗をかいた後に体重が減るのは、体内の水分が汗として放出されたからです。
その分の重量が減っているだけなので、水分補給をすれば体重は元に戻ります。

このことをよく知らないと、「運動した後に水分補給をすると太るから、なるべく水分を少なめにする」という間違った考え方に取りつかれてしまいます。

水分不足は健康に良くないです。血液はドロドロになりますし、肌荒れもひどくなります。
ダイエット中は食事の量も減るでしょうし、飲み水からの水分補給は普段よりも多くしなければいけません。

point!汗をかいただけでは、絶対に痩せることはできません。
なので、サウナに入って滝のように汗を流した所で、ダイエット的には何の意味もありません。脂肪が燃えていないからです。

ダイエットで汗をかくために厚着は必要?

先ほど「汗をかくこととダイエットには直接の関係はない」と書いたばかりなので、この疑問にもすでに答えが出たようなものです。

いくら厚着をして汗をかいても脂肪は燃焼してくれないので、ダイエットを達成することはできません。

また、運動するときも無理に厚着をする必要はありません。むしろ薄着の方がいいです。
厚着で運動をすると熱が放出されにくくなって、熱中症や脱水症状の原因にもなります。

反対に、薄着の場合は熱が放出されやすくなります。
常日頃から熱を発散しておくと、体質の方も段々順応していきます。つまりはエネルギーを消費しやすい、痩せやすい体に変化していくのです。

スポンサーリンク

同じ運動量をこなすのであれば、厚着よりも薄着をするべきです。

ダイエットにいいのは夏?それとも冬?

正直なところを言わせてもらうと、ダイエットと季節の関係はほとんどありません。
関係が全く無いとは言えませんが、効率の上では誤差ともいえる範囲です。

外の気温が寒ければ寒いほど、熱を生み出すために基礎代謝量が上がります。
夏はその逆で熱をあまり必要としないため、冬よりも代謝が下がります。

基礎代謝量が低い夏よりも冬の方がエネルギーの消費量が多く、ダイエット向きの季節・・・
というのが理屈上の話です。

ですが、現代人のほとんどは一日の大半を温度調整された屋内で過ごしています。
なので、このことをあまり重視する意味はありません。

季節の違いや気温の高い低いといった要素は、ダイエットの効率を気をする時には気にしなくても結構です。
それよりも「適切な食事」「適切な運動」に気を遣う方がよっぽど大事です。

まとめ

汗をかいても痩せることはできませんが、運動で汗をかくこと自体はとても健康的です。
体に溜まった老廃物も排出することができますし、代謝量の増加にもつながります。

始めの方でも書いた通り、大事なのは「汗をかくために運動をするのではない」ということです。
汗はあくまで副産物です。それを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク