敬老の日っていつのこと?由来は?お祝いをするのは何歳から?

この記事をシェアする

今年の敬老の日は、何かプレゼントを贈る予定がありますか?
歯が弱くても食べられるお菓子を贈るのもいいですし、温泉旅行に連れて行ってあげるのもいいかもしれません。

ところで、敬老の日っていつのことだったでしょうか?
いったい何が由来なのか、それも含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

敬老の日っていつのこと?

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日と法律で決められています。
つまり、9月15日から21日までのいずれかということです。

point!ちなみに、今年(2017年)の敬老の日は9月18日です。

敬老の日が「9月の第3月曜日」と定められたのは2003年のことです。
私が生まれた後の話ですし、本当に最近の話だったんですね。

では、2002年より以前はどうしていたのでしょうか?

敬老の日が第3日曜日に決められるまで

2002年までは、毎年9月15日を敬老の日として扱ってきました。
敬老の日が制定されたのが1966年のことですし、実に30年以上の歴史を誇っていたということです。

この歴史ある祝日が変わるきっかけとなったのが、2001年に成立した「ハッピーマンデー制度」です。
ハッピーマンデー制度を簡単に説明すると、「祝日を月曜日に移動して、土日と合わせて連休を取れるようにしよう!」という制度のことです。

ハッピーマンデー制度が実施された結果、多くの祝日が月曜日に移籍しました。
敬老の日もそれに従った結果、毎年9月の第3月曜日になったのです。

point!敬老の日以外だと、海の日や体育の日もハッピーマンデー制度によって日付が変更された祝日です。

これらの祝日の共通点は「日付が固定される理由がない」ということです。
例えば、元日は1月1日でなければいけませんが、海の日なんて夏であればいつだっていいのです。

敬老の日ができた由来は?

敬老の日の歴史は、他の祝日と比べても非常に新しいことで知られています。

全ての始まりは1947年。
日本国憲法が施行されたり、一度は消滅した箱根駅伝が復活したのも1947年のことです。

そんな激動の年の9月中旬に、兵庫県多可郡の野間谷村(現在の多可町八千代区のこと)である行事が開かれました。

その行事とは、「年寄りの知恵を借りて村を発展させよう」というもの。
要するに敬老会のことです。

敬老会の当日、お年寄りの方は自動三輪車での送迎を受けた後、公民館で食事や歌舞伎を楽しんだそうです。
野間谷村では敬老会の日を「としよりの日」として、村独自の祝日としてきました。

この祝日のことを兵庫県の他の市町村にも知らせたところ、賛同の声が多く集まりました。
その結果、「としよりの日」は兵庫県全体で実施されることになります。

としよりの日の勢いはこれだけにとどまらず、ついには全国的に実施されることになりました。

スポンサーリンク

正式な祝日として扱われることを受けて、名称を「としよりの日」から「老人の日」に変更。
その「老人の日」が更なる法改定によって名称が変わったのが、現在の「敬老の日」なのです。

point!敬老の日は、元は村の行事が由来だった。

敬老の日のお祝いをするのは何歳から?

何歳からお祝いをするというのは明確には決まっていないので、最終的には個人の判断にゆだねられます。

何歳からお祝いするかについて情報収集してみた結果、以下のような情報が寄せられました。

  • 60歳からお祝いする。
    60歳というのは、初めての長寿のお祝いである還暦を迎える年であるため。
  • 孫ができたらお祝いする。
    孫から見れば、年齢に関係なく「おじいちゃん(おばあちゃん)」になるから。
  • 敬老会の入会のお知らせが来るようになったらお祝いする。
    だいたい65歳~70歳になったら届くものだから。
何歳からお祝いをするべきか迷っているときは、3つのうちのどれかを採用してみるのはどうでしょうか?

まとめ

敬老の日で祝われるということは、自分がお年寄りの仲間入りをしたということでもあります。
そのことを認めたくなくて、敬老の日のお祝いを拒む人もいると聞きます。

そんな時は「敬老」ではなく、普通にお祝いをしてあげるのがいいと思います。

「自分はまだ若い!」と思っている人に敬老のお祝いをすると、プライドを傷つけてしまうことがあります。
いずれ自分で老いを感じる瞬間が来ると思いますし、「敬老」のお祝いをするのはその後でも構わないでしょう。

スポンサーリンク