敬老の日のプレゼントに適した花は?値段のことも要チェック!

この記事をシェアする

今年の敬老の日には、キレイな花をプレゼントするのはいかがでしょうか?

年を取ると若いころよりも物欲が薄れるのもあってか、敬老の日のプレゼントには花がよく選ばれます。

花にはそれぞれ花言葉なんてものもありますし、どうせなら敬老の日にマッチした花を贈りたいですよね?
もしかしたら贈ってはいけない花もあるかもしれませんし、その辺も気になるところです。

今回は、そんな疑問を解決していきます。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントにはどんな花がおすすめ?

敬老の日に贈る花として有名なのが「竜胆(りんどう)」です。
この記事の最初の写真に映っていたのが竜胆の花で、山に行くとよく生えているのを見ます。

プレゼントの花として竜胆が選ばれたのは、一体なぜなんでしょうか?
理由を1つずつ考察していきます。

竜胆の花言葉はなに?

竜胆の花言葉は「誠実」「正義」「あなたの悲しみに寄り添う」などです。
竜胆は群れず孤独に咲く花のため、このような花言葉が与えられたんだとか。

確かにグッとくる言葉ではありますが、敬老の日に似合うような花言葉ではないですね。

竜胆の色が理由?

ご覧の通り、竜胆はキレイな紫色をしています。(写真の竜胆は、紫というよりも青に近い色ですが・・・)

紫は日本では高貴な色とされているので、自分より目上の人への贈り物にはよく選ばれる色です。
敬老の日も祖父母=自分より目上の人を祝う行事なので、紫色の物は贈り物にはピッタリですね。

竜胆の用途に関係がある?

竜胆の根っこは、古くから漢方薬として重宝されてきました。

人間、年を取ってくるといろんな病気に悩まされるものです。
良薬として使われる竜胆を贈れば、「いつまでも元気でいてね」という願いが伝わるのではないのでしょうか?

point!竜胆が敬老の日の贈り物に選ばれた理由は、色や用途に関係していた。

また、竜胆以外だと
・バラ(定番中の定番。バラは落ち着いたイメージがあるので、ご年配の方向け)
・千日紅(せんにちこう。花言葉がズバリ「長生き」のため)
などの花も、敬老の日のプレゼントによく選ばれます。

敬老の日のプレゼントにNGな花はある?

上で紹介したように、敬老の日のプレゼントに適した花はたくさんあります。
しかし一方で、敬老の日のプレゼントには相応しくない花もあります。

うっかり贈ってしまうとへそを曲げてしまうかもしれないので、よく確認しておきましょう。

菊の花(特に白)

白い菊の花はお葬式の時などに供えることが多いため、世間的には縁起が悪い花として扱われます。
なので、敬老の日のプレゼントには適さないのです。

人によっては、白色の物だけでなく菊そのものを葬式の花として考えている方も大勢います。
変に深読みをされないためにも、菊を選ぶのはやめた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに、同じ菊科であるガーベラの花は、敬老の日のプレゼントとしてはむしろおすすめの部類に入ります。

彼岸花

彼岸花の草部分には毒が含まれています。
「これを食べた後は彼岸=死しかない」という言い伝えが名前の由来になるほどの、非常に強烈な毒です。

また、彼岸花は様々な別名を持つことで知られています。

ざっと紹介するだけでも、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、捨子花(すてごばな)・・・
といった様に、文字だけ見ても不吉な感じが漂ってくるような名前ばかりです。

死のイメージを連想させる彼岸花は、敬老の日のプレゼントには最も合わない花と言えるでしょう。

敬老の日に贈る花の値段はいくらぐらい?

敬老の日の花は、大体3,000~5,000円くらいが値段の相場とされています。
つまりは、お中元やお歳暮などの一般的なプレゼントとそう変わりません。

ただ、敬老の日のプレゼントは家族に贈るものですし、値段に関してはそこまで気にする必要はないと思います。

愛する家族から貰ったプレゼントの値段を気にして、あまつさえネチネチと愚痴を言ってくる人は、果たしているでしょうか?
もしかしたらいるかもしれませんが、そんな人にはプレゼントが贈られること自体がないでしょう。

大事なのは、値段よりも気持ちです。
陳腐な言葉かもしれませんが、心からの感謝の気持ちに勝るものはありません。

point!敬老の日に贈る花の値段は、3,000~5,000円が一般的。
ただし、金額そのものはさほど重要ではない。

まとめ

生花はキレイなのですが、しばらくすれば枯れてしまいます。
しかも、枯れた後の処理もけっこう面倒です。

なので、造花やプリザーブドフラワーなどの加工した花を贈るのもおススメです。
生花に比べて感情がこもっていないと思うかもしれませんが、片付けの手間を考えるとこっちの方がいいかもしれません。

スポンサーリンク