お彼岸の時期はいつからいつまで?お墓参りの時期は?いけない時は?

この記事をシェアする

日本の伝統文化である「お彼岸」。
今年の日にちはちゃんと覚えていますか?

元々、お彼岸は祖先の魂を祭る日でした。
現在ではご先祖様の墓にお墓参りをする時期として扱われています。この時期に実家に帰省して、お墓参りをするという人も多いと思います。

お彼岸の時期は、いつからいつまでなのでしょうか?
お彼岸のお墓参りはいつ行けばいいのかも、一緒に紹介します。

スポンサーリンク

お彼岸の時期はいつからいつまでのこと?

お彼岸の時期は「春分(秋分)の日とその前後の3日間を合わせた計7日間」と決められています。

例えば、今年(2017年)の春分の日は3月20日、秋分の日は9月23日です。
上の法則に当てはめると、今年の彼岸の期間は以下のようになります。

  • 春彼岸・・・3月18日~3月23日
  • 秋彼岸・・・9月20日~9月26日
ちなみに、彼岸の最初の日を「彼岸入り」、真ん中の祝日を「彼岸の中日」、最後の日を「彼岸明け」と言います。
もっとも、これといった行事があるわけではありませんが・・・

春分の日や秋分の日はいつ決められているの?

春分の日や秋分の日は、毎年特定の日付に行われる祝日ではありません。
なぜなら、春分の日や秋分の日は季節に左右される祝日だからです。

なので、国立天文台を使って暦を計算し、その結果によって日にちをいつにするかが決められています。

日にちを決めているのは2月1日で、この時点で「次の年の」春分の日や秋分の日の日付が決定されます。
つまり、今年(2017年)の春分の日や秋分の日は、去年(2016年)の2月1日に決められていたということです。

お彼岸は春分の日や秋分の日を中心にして動く行事です。
もちろん、祝日の時期がずれればお彼岸の時期もずれるので、日付の勘違いには気をつけましょう。

お彼岸のお墓参りはいつ行けばいい?

お彼岸は春秋ともに7日間ありますが、「お墓参りはいつ行くべきなのか?」と思う方もいることでしょう。
もしかしたらお墓参りをするのは無礼にあたる日もあるのかもしれませんし、気になるところです。

結論を言うと、お墓参りはお彼岸期間中のいつ行っても構いません。

一般的には、祝日でもある「彼岸の中日」にお墓参りをする人が多いようです。
なので、もし都合がつくのであれば、中日は避けてお墓参りをする方が無難だと思われます。

お彼岸のお墓参りの時間帯はいつにすればいい?

お彼岸の時期に限った話ではないのですが、「お墓参りは明るいうちに済ませるべき」という風潮があります。

スポンサーリンク

一応、お墓参りの時間帯は特に決められているわけではありません。
なので、夜にお墓参りをしたとしても「マナー上は」大丈夫です。

ただし、夜の墓場は非常に危険な場所です。
足場が悪いので滑ってケガをするかもしれませんし、お供え物を漁るために野生動物も寄ってきます。

特に危険なのが野犬です。
犬は元々肉食で、エサの少ない野犬は特にその傾向が強いです。

つまり、野犬は私たち人間を「獲物」とみなして襲ってくる可能性があるのです。
噛まれれば狂犬病に感染する危険もありますし、実際にそれで命を落としている人は毎年のようにいます。

そういった理由から、「お墓参りは明るいうちに済ませるべき」と言われるようになったのです。

お彼岸のお墓参りに行けない時はどうすべき?

実家が遠かったり、どうしても都合が悪くて休日が取れなかったなどの理由があったりすると、お彼岸中のお墓参りができない場合もあるかもしれません。

その場合は、お仏壇や写真に向けて線香を手向け、手を合わせるだけでも十分です。
お墓参りをするのももちろん大事ですが、一番大事なのはご先祖様を敬う心です。

また、お墓参りをするのはお盆や命日などの特別な日だけだと思われがちですが、そんなことはありません。
お墓参りは1年中365日、いつ行ってもいいのです。

なので、お彼岸に行けなかった分、他の日に帰省してお墓参りをしても大丈夫です。

まとめ

お寺さんにとっては、お彼岸は法要や供養などの行事を行う時期でもあります。

それらの行事の中には、一般参加できるものもあります。
お墓参りと一緒に供養にも参加して、ご先祖様の霊を祭るのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク