お彼岸のお供え物にはお菓子?それとも果物?のしや金額はどうする?

この記事をシェアする

お彼岸のお供え物に何を持っていくか、もう決めていますか?

家から離れて働いている人にとっては、お彼岸は数少ない帰省の時期です。
実家の家族やご先祖様に喜んでもらうために、どんなお供え物を持っていけばいいのか気になるところですよね。

お彼岸のお供え物は、何を持っていくのが正解なんでしょうか?
のしの有無や金額についても一緒に紹介していきます。

スポンサーリンク

お彼岸のお供え物にはお菓子?それとも果物?

お彼岸のお供え物に定番のお菓子といえば、牡丹餅やおはぎのことです。

お彼岸に牡丹餅やおはぎをお供えする習慣は、江戸時代から始まりました。

江戸時代において、砂糖は超がつくほどの高級品でした。
今では想像もできませんが、当時は砂糖菓子なんていったら、よっぽどの大切な行事でなければ口にすることができない物だったのです。

また、牡丹餅やおはぎを包む餡の原料である小豆(あずき)には、魔除けの力があるとされてきました。
小豆色とも称されるあの独特の赤色に、邪悪な物を祓う効果があるそうです。

なので、ご先祖様を祭る大事な日であるお彼岸には、砂糖や小豆をふんだんに使った牡丹餅やおはぎが供えられるようになりました。
牡丹餅やおはぎは、かつては超高級スイーツだったのです。

・・・と、ここまで書くと牡丹餅やおはぎが必須のように思うかもしれませんが、実際は違います。

お彼岸のお供え物の種類には特にマナーは決められておらず、常識の範囲内であれば何を用意しても構いません。

そもそも、牡丹餅やおはぎは日持ちしない生菓子です。
お彼岸になれば各地の家族や親戚からお供えが届きますし、生菓子をあまり大量に送られても処理に困ってしまうのです。

point!牡丹餅やおはぎはお彼岸伝統のお菓子ですが、必須なわけではありません。

最近ですと、故人が生前に好きだったお菓子や果物をお供えする家庭が多いようです。
実家によってはお供えに関するその家独自の風習があるかもしれませんし、事前に一度調べておくのもいいでしょう。

お彼岸のお供え物にのしは必要?

お彼岸のお供えには「のし」は使わず、水引だけを印刷した「かけ紙」で包んでやるのが正しいマナーです。

のしは結婚式などのめでたい行事、いわゆる慶事の時に使う物です。
お彼岸はご先祖様を祭る行事なので、めでたいものではありません。このような弔事の時には、のしを使ってはいけないのです。

スポンサーリンク

お彼岸のお供え物にはどんな水引を使う?

お彼岸のお供え物には、黒白か双銀の水引を使います。
どちらも仏事の時に使われる色で、意味は2つとも一緒です。

水引の結び方は「結び切り」です。
引き結びや蝶結びは祝い事の時の結び方なので、お彼岸の時は使わないようにしましょう。

結び切りの水引には「一度切り」という意味があります。
反対に、引き結びや蝶結びは「何度繰り返してもよい」という意味です。

お彼岸自体は毎年の恒例行事ではありますが、「人が亡くなる」のを「何回も繰り返す」というのは非常に縁起が悪いです。
なので、水引は結び切りにする必要があるのです。

お彼岸のお供え物に最適な金額はいくら?

お彼岸のお供え物に使う金額は、大体3,000円~5,000円くらいが相場と言われています。
複数の品物や現金をそのままお供えする場合も、合計金額が3,000円~5,000円になるように調整しましょう。

お中元の金額の相場は?親戚や上司へは?中身は何がいい?
お中元にどのくらいお金をかければいいかで悩んでいませんか? 今、無理に高級品を贈ろうと考えている人は特に要注意です。 なぜなら、高級な物を貰ったとしても、その人が喜ぶとは限らないからです。 ある程度安くても、贈るものによっては、相手を十分に喜ばせることができるでしょう。 「ある程度」って何?「贈るもの」って何? 今回は、そんな疑問に答えていきます。

この記事でより詳しく触れていますが、3,000円~5,000円というのは、あらゆる行事に通用する贈り物(お供え物)の相場です。

贈り物を貰ったらきちんとお返しをする丁寧な家庭も多いでしょうし、品物の金額が高ければ高いほど大きな負担になってしまいます。

なので、変に奮発して高い物をお供えする必要はありません。相手にとっても無理のない、ちょうどいい金額を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク