お彼岸に結婚式は非常識?大安や仏滅との関係は?招待状はどうする?

この記事をシェアする

秋は涼しくて過ごしやすい季節ですし、この時期に結婚式の予定を立てる人も多いと思います。
ですが、秋はお彼岸の時期でもあります。

お彼岸は亡くなったご先祖様を祭る行事ですし、同じ時期に祝い事である結婚式を行うのは不謹慎であるように思えます。
ですが、そう思っているのはただの勘違いで、実際は同時に行っても大丈夫なのかもしれません。

お彼岸に結婚式を挙げるのは、はたして非常識なのでしょうか?

スポンサーリンク

お彼岸に結婚式をするのは非常識?

一般的には、お彼岸の結婚式は避けるべきと考えられています。
特に、昔からの習慣を大事にするご年配の方に多い傾向の考え方です。

仏教と神道の習慣が混じり合っている日本では、昔から「仏事と神事を重ねてはいけない」と言われてきました。

仏事とは、仏教に基づいてお坊さんが取り仕切る行事です。
例えば、お葬式、法事、お墓参りなどのことです。人の死にまつわることが多いですね。

それに対して神事は、神道に基づいて神主さんが取り仕切る行事です。
例えば、赤ちゃんのお宮参り、七五三、神式の結婚式、建前などのことです。おめでたいことが多いですね。

お彼岸は仏事で、結婚式は神事にあたります。
これだけ見ると、お彼岸の期間に結婚式を挙げるのは非常識なことのように思えます。

ですが、現代と昔とでは大幅にライフスタイルが変わりました。
現代では「仕事の予定や式場の予約の都合が悪くて、やっと取れた日がお彼岸だった」ということも、普通にあり得るのです。

式場の予約は早い物勝ちですし、どうしても遅い契約になると希望日の選択がしにくくなってしまいます。
なので、一般的に非常識と言われがちな日であろうと、人気の式場は絶えず予定が入っているのが現実です。

そういった実情を考えると、お彼岸の結婚式を避けるべきというのは現代にそぐわない、古い考え方と言えます。
特に、次の機会がいつになるか分からないほど忙しい時は「やれるうちにやっておく」で良いのではないでしょうか?

ただ、結婚式にはさまざまな年代、さまざまな考え方を持つ方が出席します。
人によっては考え方が合わず、お彼岸の結婚式を不快に思うかもしれません。

どうすればいいか迷ったときは、まずは周りの人に相談してからにしましょう。
そのうえで最終的な日にちを決めた方が、後から面倒なことにならなくて済むからです。

お彼岸の結婚式に大安や仏滅は関係ある?

お彼岸に限った話ではないのですが、大安の日の結婚式は縁起がいいとされています。
反対に、仏滅の日の結婚式は避けるべきだと言われています。

仏滅は「仏も滅するような大凶の日」という意味で、祝い事は避けるべきという習慣があります。

なので、仏滅の日に結婚式を挙げる人はあまりいません。
それもあってか、式場の料金も割引にされていることが多いです。

これに対して大安の日は「大いに安し」という意味で、何をしてもいいことが起きる日とされています。

当然、大安の日は結婚式場の予約が殺到します。
一般的には縁起が悪いとされているお彼岸の期間中でも、その傾向は変わりません。

まとめると

  • 仏滅の結婚式・・・安い、混まない、縁起が悪い
  • 大安の結婚式・・・高い、混む、縁起が良い
ということになります。

スポンサーリンク

上で書いた通り、仏滅の結婚式は縁起が悪いというイメージを持たれています
ですが、大安の結婚式は非常に競争率が高いのが現実です。

結婚式の日にちを決める時は大安の日を無理に狙わず、仏滅を避けるぐらいの気持ちで決める方がいいでしょう。
友引や赤口といった、何の差し障りもない日を選ぶのも一つの手かもしれませんね。

point!
大安や仏滅といった概念があるのは仏教だけなので、クリスチャンの方は特に関係ありません。

ただ、他の参加者も皆クリスチャンであるとは限りません。
そのことを考えると、仏滅の結婚式は避けた方が無難でしょう。

お彼岸の結婚式の招待状には何を書けばいい?

一般的にはお彼岸の結婚式は避けるべきと考えられているため、招待状で何かしらのフォローをしてやる必要があります。
納得させるだけの十分な理由があれば、非常識扱いはされないはずです。

まず最初に「お彼岸は避けるべきだと分かってはいましたが」と前置きをした後に、

  • わざわざこの日を選んだ理由
  • 他の日にずらせない事情
  • 他に空きが無かった
などの理由を書きましょう。

そして最後にお詫びの言葉を添えて招待するのが、お彼岸の結婚式に招くときのマナーです。

結婚式には自分とは違う考えの人がたくさん来ます。
変な誤解を生まないためにも、きちんとした説明をするのが重要です。

まとめ

まとめると

  • お彼岸に結婚式を挙げていけないという明確なルールはない。
  • でも、非常識だとかいう変な誤解を生みやすい時期なのは確か。
ということになります。

結婚式はつい自分のことだけで手一杯になりがちですが、祝福してくれる人がいてこその式です。
周囲の人への配慮と相談を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク