折り畳み傘の臭いは何が原因?消臭や手入れのやり方はどうする?

この記事をシェアする

急などしゃ降りにも強い折り畳み傘ですが、悪臭の発生源にもなるということはご存知ですか?

折り畳み傘の臭いなんて普段はあまり気にすることはないかもしれませんが、何かの拍子にきつい臭いが襲ってくるかもしれません。
そのことを考えると、臭いは取り除いておくに越したことはないですよね。

そもそも、折り畳み傘が臭くなる原因は何なのでしょう?
効果的な消臭や手入れをするのは、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
  

折り畳み傘のイヤな臭いは何が原因?

使った後の折り畳み傘が臭うのは、湿気で雑菌が繁殖するためです。

これは、湿った靴下や雑巾が臭くなるのと原因はほぼ一緒です。
傘や靴下や体臭などのいわゆる悪臭と呼ばれるものは、ほとんどが雑菌によって引き起こされるものです。

ですが意外なことに、雑菌そのものは悪臭を発しません。
悪臭の本当の原因は、雑菌が繁殖するときに出す老廃物なのです。

そして雑菌が最も繁殖しやすいのが、高温多湿の環境なのです。
濡れた傘を入れた傘入れ袋なんて高温多湿の環境そのものですし、梅雨時の押し入れ内レベルの恐ろしい勢いで雑菌が繁殖していくことでしょう。

また、臭いの原因となるのは雑菌だけではありません。
高温多湿を好む嫌なやつといえば・・・そう、カビも悪臭の原因になってしまいます。

point!折り畳み傘から漂ういやな臭いは、雑菌とカビの繁殖が原因である。

折り畳み傘を消臭するにはどうする?

臭くなってしまった折り畳み傘を消臭するのは、そんなに簡単なことではありません。
雑菌やカビが奥深くまで侵入している可能性もありますし、それらも完全に取り除かないといけないからです。

なので、消臭はとにかく徹底的に行う必要があります。

折り畳み傘についてしまった悪臭を取る方法!
  1. バケツを用意して、その中に水を入れます。
    傘全体を洗う必要があるので、水は多めに用意しましょう。
  2. バケツの中の水に漂白剤(キッチンハイターなど)を入れて、よくかき混ぜます。
    漂白剤の割合は、雑巾を洗う時と同じ割合で構いません。
  3. 台所用品を洗う時の漂白剤の標準使用量は、水2リットルに対して漂白剤が大さじ1杯くらいです。
    標準的なバケツには大体10リットルくらいの水が入るので、漂白剤は大さじ4~5杯分あれば十分でしょう。

  4. 2で作った消臭液の中に傘を入れて、30分ほど浸けたままにしておきます。
    傘はきっちりと巻かずにある程度ゆるくしておいた方が、隅々まで消臭成分が行き渡ります。

    スポンサーリンク

    持ち手が木や革で出来ている場合は、ビニールなどで保護してやる必要があります。
    木は水気を吸って腐ってしまいますし、革も濡れるとゴワゴワになってしまうからです。

  5. 浸け終わった後は傘をよくすすいだ後、ドライヤーや太陽光でしっかり乾かしましょう。

折り畳み傘を使った後の手入れを工夫して悪臭を防ごう!

せっかく消臭した折り畳み傘も、濡れてしまえばまた臭くなってしまいます。

とはいえ、傘の役割は雨を防ぐことなので、濡れること自体を防ぐことはできません。
なので、使い終わった後の手入れが肝心なのです。

傘をさし終わった後はたたんだままにせず、広げて乾かすようにしましょう。
晴れの日だったら玄関に、雨の日だったらお風呂に広げておくのが最適です。

point!お風呂で傘を乾かす場合は定期的に換気をして、空気中の湿気を逃がしてやる必要があります。

どちらに広げておくにせよ、完全に水気を飛ばすには一晩くらいの時間が必要です。
脱臭以外にも傘のシワ防止対策にもなるので、そういった面でもかなりおススメです。

また、傘を乾かし終わった後に撥水スプレーをかけるのも有効です。
撥水スプレーを使うことで傘表面の水分が弾かれるようになるため、雑菌の繁殖もより抑えることができます。

漂白剤で傘を洗うと撥水スプレーも落ちてしまうので、定期的にかけ直すようにしましょう。

まとめ

折り畳み傘は使い捨てるようなものでもないですし、長い付き合いの物にはそれだけの愛着が湧きます。

日本には「やおよろずの神」という考え方もありますし、道具を粗末に使うのはなんだか悪い気がしてきます。
きちんと手入れして大事に使ってやれば、きっと傘も喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク