栗の旬の季節はいつからいつまで?栄養の効能は?食べ過ぎは危険?

この記事をシェアする

秋に美味しい食べ物といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?
サツマイモに梨、サンマに秋鮭・・・両手で数えきれないほどありますね。

今回はそんな秋の味覚の1つ「栗」をピックアップします。
身近なようで意外と知られていない、栗の意外な真実を紹介していきます。

スポンサーリンク
  

栗の旬の季節っていつからいつまで?

ほとんどの作物は、品種によって旬の時期が異なります。
栗もその一種で、晩夏の時期に育つものもあれば、冬間近になってから収穫するような品種もあるのです。

旬の時期を決めるのは栗の栽培期間で、栽培期間の長さによって名称も変わってきます。
代表的な品種や、その特徴を紹介していきます。

早生(わせ)栗

早生の栗はその名の通り早熟で、物によっては8月の下旬から旬を迎えます。
その分旬の時期が終わるのも早く、10月に入るころには味が落ちてしまいます。

早生の栗で代表的な物といえば、「丹沢」です。
早い時期に店で売られているのはほとんどがこの丹沢で、粉っぽさと控えめな甘さが特長です。

早生栗には他にも、「国見」「大峰」などといった名前の品種があります。
ですがこれらは加工食品向けの品種のため、あまり店頭に並ぶことはありません。

中生(なかて)栗

中生の栗はいわゆる一般的な栗のことで、9月下旬~10月中旬くらいまでが旬です。

中生の栗の中では「筑波」が最も有名です。
栗の国内シェアナンバー1である茨城県で多く栽培されているのもこの筑波で、バランスよくまとまった甘さや食感が特長です。

晩生(ばんせい)栗

晩生の栗は非常に成長が遅く、10月中旬から11月頃までが旬となっています。
冬の寒さに備えるためか、全体的に粒が大きめで甘味が強いのが特長です。

晩生の栗には「岸根」や「石鎚」といった品種がありますが、これらは主に加工食品用として扱われます。
なので、この時期の栗を生食する機会はあまりないかもしれません。

point!栗の旬の時期は品種によって異なり、だいたい9月~11月頃が食べごろ。
栗らしい栗を食べたい場合は、中生の栗の旬である9月下旬~10月中旬がおススメ。

栗の栄養にはどんな効能がある?

栗は小さいながらもたくさんの栄養を蓄えているため、健康食としても注目されています。
栗の主な栄養は以下の通りです。

ビタミン類

栗にはビタミン類が多く含まれており、種類も豊富です。
特に多いのが、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCの4種類です。

これらは疲労回復や抗酸化作用による老化予防といった、幅広い分野で活躍してくれます。

食物繊維

栗に含まれている食物繊維は意外なほど豊富で、同じ量のサツマイモの2倍はあるとされています。

栗の食物繊維のほとんどは、水に溶けない「不溶性食物繊維」です。
不溶性食物繊維には便通を良くさせ、体内の有害物質をより多く排出させる効能があります。

スポンサーリンク

タンニン

タンニンはポリフェノールの一種です。
タンニンは他の栄養素と違い、栗の中身よりも渋皮のほうに多く含まれています。

タンニンには体の活性酸素を取り除き、ガンの発生を抑制する力があるとされています。

カロリー

栗に含まれているカロリーは、100グラムあたり約164キロカロリーです。
これは白米とほぼ同じカロリー量です。なので、栗は割とカロリー高めの食品と言えます。

ただ、栗は全体的にモソっとした食感なので、飲み込むまでにはかなりの回数噛む必要があります。
噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されるため、結果的に少ない量でお腹いっぱいになることができます。

なので節度さえ守って食べれば、ダイエット中のおやつとしても活用が可能です。
栄養も豊富に含まれていますし、お菓子を食べるよりはよほど健康的だと思います。

栗の食べ過ぎは良くない?どんなことが起こる?

どんな食べ物でも食べ過ぎはよくないです。
もちろん、栗が例外なわけではありません。いくら栄養が豊富だからと言っても、食べ過ぎていい理由にはなりません。

上でも紹介した「不溶性食物繊維」を例にしてみます。

不溶性食物繊維には腸を刺激してぜん動運動を活発にさせ、排便を促す効果があります。
つまり、不溶性食物繊維を摂ればとるほど、腸の動きも活発になるということです。

過度の腸への刺激は腹痛の原因となり、一日中悩まされることになります。
また、連鎖的に下痢や便秘といった症状も引き起こしてしまいます。

他にも

  • 炭水化物や脂質の摂りすぎによるニキビの増加
  • タンパク質やカリウムの摂りすぎによる腎臓病のリスク
などの危険があることが分かっています。

まとめ

過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるように、多すぎる栄養は毒ですらあります。
秋の栗が美味しいのはよく分かりますが、食べ過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

スポンサーリンク