サツマイモにはどんな栄養がある?ダイエットに効果的?見分け方は?

この記事をシェアする

「食欲の秋」という言葉もあるほど、秋は美味しい食べ物で満ち溢れています。
この時期はついつい食べ過ぎて太ってしまう・・・なんて人も多いのではないのでしょうか?

今回はそんな秋の味覚の1つである「サツマイモ」に注目していきます。
焼き芋やふかし芋にして食べると美味しいサツマイモですが、実は健康食としても注目されているのです。

サツマイモには、いったいどんな栄養が含まれているのでしょうか?

スポンサーリンク
  

サツマイモにはどんな栄養がある?

サツマイモをはじめとしたイモ類は、何故か栄養があまりないというイメージを持たれがちです。
サツマイモの栄養なんてどうせ炭水化物ばっかりで、他の栄養なんてたかが知れてる・・・あなたもそう思っていませんか?

実は、それは大きな間違いなんです。
炭水化物が多めなのは否定できませんが、それ以外の栄養も豊富に含まれています。

サツマイモに多く含まれている有益な栄養素をいくつか紹介していきます。

ビタミンC

ビタミンCは体の酸化を防ぎ、若々しい肌を作るのに役立ってくれます。

ビタミンCが多い食べ物といえばレモンやピーマンなどが有名ですが、サツマイモも負けてはいません。
1本のサツマイモには、リンゴ約3個分のビタミンCが含まれているのです。

また、サツマイモに含まれているビタミンCには、他とは違った特殊な性質があります。
それは「熱に強い」ということです。

ビタミンCは本来熱に弱い性質のため、加熱すると成分の多くが壊れてしまいます。

ですがサツマイモの場合、ビタミンCがデンプンの膜で覆われています。
なので加熱しても成分が壊れにくく、より多くのビタミンCを取り入れることができるのです。

食物繊維

サツマイモに含まれている食物繊維である「セルロース」には、腸内環境を整える作用があります。
便通が良くなると、大腸がんの予防にもなります。

ちなみに、食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があり、セルロースは後者の方に分類されます。

この2つは役割が微妙に違いますが、腸内環境を整えてくれるのは一緒だったりします。

ヤラピン

ヤラピンはサツマイモ独自の成分で、今のところ他の食べ物には確認されていません。

ヤラピンには腸を活発にさせ、便の調子を整える作用があります。つまり、食物繊維とほぼ一緒ですね。
ヤラピンと食物繊維のコンビネーションによる腸内環境の改善能力こそが、サツマイモの強みともいえます。

サツマイモってダイエットに効果的なの?

巷では「サツマイモダイエット」なるものが存在するらしいとのです。
イモ類は炭水化物が豊富なのでダイエット向けではないと思っていましたが、いったいどういうカラクリなのでしょうか?

サツマイモがダイエット向けの食べ物な理由

意外かもしれませんが、サツマイモはそんなに高カロリーなわけではありません。
同じ量の白米を食べるよりも、カロリー量は低かったりします。

おまけにサツマイモはよく噛んで食べる必要があるため、満腹中枢がかなり刺激されやすいです。
なので、より少ない量でお腹いっぱいになるのです。

このことに着目し、いつも食べているご飯をサツマイモに置き換えていくのが「サツマイモダイエット」の仕組みだそうです。
なるほど、確かに理に適っていますね。

スポンサーリンク

また

  • サツマイモ自体に程よい甘味が備わっているので、焼いたりふかしたりするだけで美味しく食べられる
  • サツマイモの旬の季節は秋だが、それ以外の季節でも比較的安定して供給がある
  • 上で紹介したような豊富な栄養も含まれているため、ダイエット以外の効果も期待できる
などの点も、サツマイモダイエットの評価が高いポイントのようです。

ただし、1つ注意点があります。
サツマイモダイエットが効果的なのは確かなのですが、特定の食べ物だけを食べてダイエットをするという考え自体が、すでに風化しつつあります。

結局のところ、バランスの良い食事が一番健康的なのです。
サツマイモだけでなく、他の物もしっかり食べましょう。

おいしいサツマイモの見分け方はある?

せっかくサツマイモを食べるなら、より美味しいものを選びたいですよね。

実は、美味しいサツマイモは外見で分かるものなんです。
何の知識が無くても簡単に見分けることができる3つのポイントを紹介します。

  1. 皮の色
    もはや説明するまでもありませんが、サツマイモの皮は紫色です。

    同じ紫色でも、濃さや艶によって微妙に色が異なります。
    美味しいサツマイモは濃い紫をしており、艶のある色をしています。

    もっとも、大概の食べ物に当てはまる見分け方ですが・・・
    特にサツマイモ限定の見分け方というわけではありませんね。


  2. サツマイモのあの形は「紡錘形(ぼうすいけい)」という名前です。
    紡錘形は真ん中の部分が最も太く、両端に向かってだんだんと細くなっていくのが特徴です。

    この紡錘形に近ければ近いほど、サツマイモが健康に育っている証拠です。


  3. サツマイモには大量の糖分が含まれています。
    それらはサツマイモの中だけでなく、液体状の蜜となって外に飛び出すようなこともあります。

    サツマイモを切った時にキレイなあめ色の蜜が出てくるものは、非常に甘くて美味しいサツマイモと言えるでしょう。

  4. まとめ

    かつてのサツマイモは、飢えを救う作物として活躍してきました。
    江戸時代や戦時中のことを記した本を読むと、サツマイモを食べている描写が結構多めにあったりします。

    それが今や健康食扱いですし、世の中は本当に不思議なものですね。

    スポンサーリンク