紫外線が目の病気の原因になる?目の色との関係は?対策はどうする?

この記事をシェアする

今年の夏も日差しが強くなりそうですし、紫外線対策はバッチリでしょうか?

紫外線対策として肌に日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人も多いと思います。
もちろんこれらの対策も有効なんですが、肝心なところを守れていません。

それは「目」です。
実は、目は紫外線の影響を非常に受けやすい、デリケートな部位なのです。

紫外線と目には、いったいどんな関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク
  

紫外線の浴びすぎは目の病気の原因になる?

紫外線にはタンパク質を変質させ、細胞を傷つける効果があります。
目の細胞も例外というわけではなく、紫外線を受ければ傷ついてしまうのです。

通常、傷ついた細胞は体が勝手に元通りにしてくれるため、たいした影響が出るわけではありません。
しかし、目は光の反射などによって日常的に紫外線を受けているため、修復機能の方もだんだん疲れてきます。

この「修復機能の衰え」こそが、様々な目の病気のトリガーになってしまうのです。
紫外線によって引き起こされる目の病気には、以下のようなものがあります。

白内障

白内障とは、目の水晶体が濁るために視界が悪くなる病気です。

眼球内の水晶体には紫外線を吸収する働きがあり、紫外線から目の神経を守っています。
ですが長い間紫外線を浴び続けると、水晶体のタンパク質が変質を起こしてしまい、結果として白内障になってしまうのです。

一度濁ってしまった水晶体を元に戻す方法は今のところ開発されておらず、一度かかった白内障を完全に治すことはほぼ不可能です。
目薬や飲み薬は症状の進むスピードを緩めるだけで、症状そのものを治療できるわけではありません。

白内障とは、それほどまでに危険な病気なのです。

翼状片

翼状片(よくじょうへん)とは、目の結膜が異常増殖し、角膜に伸びてくることが原因の病気です。
目の見た目が翼のような状態になるため、このような名前が名付けられました。

point!結膜・・・白目の表面を覆っている、透明で薄い膜のこと。
角膜・・・黒目の表面を覆っている膜のこと。

翼状片になると目が充血し、目に異物が入ったような感覚が残るようになります。
更に症状が進むと角膜が変形を起こし、視力低下や乱視を引き起こしてしまいます。

目の結膜もタンパク質で出来ているため、紫外線の影響を受けて変質を起こしてしまうのです。

紫外線の影響を受けやすい目の色があるって本当?

実は、目の色によって紫外線の抵抗力に差があります。
目の色素が薄い人(茶色)と目の色素が濃い人(黒色)・・・紫外線の影響を受けやすいのは、目の色素が薄い人の方です。

目の色の濃さは、メラニン色素の量によって決定されます。
メラニン色素はメラノサイトという細胞が刺激を受けると発生する物で、どんな人の体内にも存在する物です。

もしかしたら美容に詳しい人の中には、メラニン色素のことをしている人も多いかもしれません。
メラニン色素はシミを作る原因となる成分の1つですし、美肌作りには不要な邪魔者として扱われがちです。

でも、本当にそうなのでしょうか?
ここで一度、メラニン色素の働きについて確認してみましょう。

スポンサーリンク

メラニン色素はどんな働きをしている?

紫外線が肌に当たると、活性酸素やエンドセリンといった有害な物質が生成されます。
それらを取り除くために頑張ってくれるのが、メラニン色素なのです。

このメラニン色素によって変色した皮ふというのが、いわゆる「日焼け」のことなんです。

つまり、メラニン色素が存在しなければ、日焼けも起こらないということです。
美白的には素晴らしいことだと思うかもしれませんが、実際はとても恐ろしいことが起きてしまいます。

日焼けしないということは、紫外線から肌を守るものが何もなくなるということです。
するとどうなるでしょうか?夏の日差しが強い時期は、全身もれなく炎症か水ぶくれになってしまうことでしょう。

そんなグロテスクな状態にならずに済んでいるのは、メラニン色素の働きのおかげなのです。
決して悪者というわけでは無いということが分かっていただけたでしょうか?

メラニン色素の働きについて知ったところで、まとめに入りましょう。

目の色が薄い人は、紫外線から身を守るためのメラニン色素が少ないということです。
なので、目の紫外線対策には一層気を使う必要があるのです。

紫外線から目を守るための対策はどうする?

紫外線から目を守るためには、サングラスで紫外線を物理的に防ぐのが効果的です。

この時、色の濃いサングラスは控えるようにしましょう。
視界が暗いと目は光をより多く取り入れようとするため、紫外線もたくさん入ってきてしまうのです。

なので、紫外線対策に最適なサングラスは「UVカット率が高く、なおかつ色が薄い物」ということになります。

ただ、普段の生活で浴びる程度の紫外線量なら、わざわざ最高クラスのサングラスを選ぶ必要はありません。
自分のライフスタイルに合うサングラスの強さが知りたい時は、お近くの眼鏡ショップに相談してみるのがいいでしょう。

まとめ

肌は紫外線を浴びることによってビタミンDを作り出すので、完全に紫外線を遮断するとかえって不健康になります。
ただし、目は紫外線を浴びても何も生み出さず、ただただ細胞が劣化するだけです。

なので、目への紫外線は片っ端から防いでもらって大丈夫です。

スポンサーリンク