日焼けの改善や悪化の効果がある食べ物って?時間帯も関係がある?

この記事をシェアする

日焼け対策といえば日焼け止めを塗るのが一般的ですが、実は食べ物に気を遣うことでも日焼けを予防できるのです。

降り注ぐ日差しは年を追うごとに強烈になっていく気がしますし、日焼け止めを塗っていても肌が焼けてしまいます。
これからも日差しが強くなる傾向は続くでしょうし、対策のための手段は多いに越したことはありません。

今回は厳しい夏を乗り切るための「食べる日焼け対策」について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

日焼けの改善に効く食べ物って?

日焼けの改善に効果的な栄養は数多くありますが、その中でも積極的に摂るべきものがあります。

それは、ビタミン類です。
特にビタミンA、C、Eはまとめて「ビタミンACE」と呼ばれ、紫外線対策などのお肌トラブルに対する切り札的存在となっています。

それぞれのビタミンの働きや多く含んでいる食べ物について紹介していきます。

ビタミンC

ビタミン類の中でもトップクラスに有名であろうビタミンCですが、美肌に最も効果的なビタミンもこのビタミンCなのです。

ビタミンCには日焼けやシミの原因となる活性酸素の発生を抑え、肌の新陳代謝を高める効果があります。
また、メラニン色素の生成も抑えられるため、既にできてしまったシミを取り除くのにも役立てることができます。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は

  • パプリカ(赤と黄色のどちらでも可)
  • イチゴ
  • ブロッコリー
  • ジャガイモ
などがあります。

ちなみにビタミンCは熱に弱く、加熱調理をすると成分が壊れてしまいます。
なので、生で食べる方が効率的にビタミンCを摂ることができるのです。

point!ジャガイモのビタミンCはデンプンで守られているため、加熱調理をしても問題ありません。
食卓を預かる身としては、レシピのバリエーションが豊富というのは非常に心強いことですよね。

「ビタミンCが豊富な食べ物」で柑橘類を紹介しない理由

「ビタミンCといえばレモンじゃないの?」と思うかもしれません。
確かに、レモンを始めとした柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれていますし、ここで紹介するのも悪くないような気がします。

ですが、柑橘類には日焼けを促進させてしまうある「落とし穴」があるのです。
これについては記事の後半のほうで紹介していきます。

ビタミンA

ビタミンAはビタミンCと同様、肌の新陳代謝を促してくれます。
また、目や粘膜の調子を整えるのにも使われるため、日焼け対策でなくとも日常的に摂っていきたい栄養素だと言えます。

ビタミンAが多く含まれている食べ物は

  • レバー類
  • ウナギ
  • ニンジン
などがあります。

ビタミンAは水に溶けず、代わりに油に溶けやすいという特徴があります。
なので油を使った調理法、例えば炒め物に上記の食材を取り入れていくのがおススメです。

ビタミンE

ビタミンEもビタミンCやAと同様に、肌の新陳代謝を促す効果があります。
血の流れもサラサラにする効果もあるため、夏に多発しがちな脳卒中や心筋梗塞への予防効果も期待できるでしょう。

ビタミンEが多く含まれている食べ物は

  • イクラやタラコなどの魚卵類
  • アーモンド
  • アボカド
などがあります。

スポンサーリンク

ビタミンEとビタミンCには、お互いの効果を高めあう相乗効果があります。
なのでどちらか一方に偏らず、バランスよく食事に取り入れるようにしましょう。

日焼けを悪化させてしまう食べ物もある?

逆に、日焼けを悪化させてしまう食べ物なんてのもあります。
日焼けがひどい時に食べるとかえって悪化させてしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

日焼けを悪化させてしまう可能性のある食べ物には、以下のようなものがあります。

柑橘類

レモンやオレンジなどの柑橘類はビタミンCが豊富なため、日焼け対策にはもってこいのように思えます。

ですが、ビタミンCと一緒に含まれている「ソラレン」という成分が厄介です。
ソラレンは紫外線の吸収を促進させる効果があるため、日焼けをより進行させてしまうのです。

ただし、ソラレンによる紫外線の吸収促進効果はずっと続くわけではなく、数時間もすれば影響はなくなります。
なので、夜に食べる分にはデメリットを気にせず食べることができます。

糖分が豊富な物

一度に糖分を過剰に摂取すると、血糖値の急上昇を招きます。
血糖値が高い状態だと、ダメージを受けた肌のケアが遅くなってしまうのです。

夏場はジュースやアイスなどの冷たい物が欲しくなる季節ですし、糖分過多にはくれぐれも気を付けなくてはいけません。

脂っぽい食べ物

糖分と同じくらい、いやむしろそれ以上に気を付けなくてはいけないのが「脂質」です。
脂質の摂りすぎによって起こるのは肥満だけではありません。お肌にもよくないのです。

なぜなら、脂質を分解するためにはビタミン類を消費するためです。

ビタミン類は上で書いた通り、日焼け対策には欠かせない栄養。
脂質を分解する量が多ければ多いほど、肌のケアに使えるビタミン類が少なくなってしまうのです。

日焼けに効く食べ物を食べるべき時間帯は?

日焼け対策で大事なのは「予防」と「アフターケア」です。

一番多く日焼けする時間帯は、太陽の日差しが最も強い昼間です。
なので、それを予防のための朝食と、アフターケアするための夕食に日焼け対策の食べ物を取り入れるのが最適でしょう。

紫外線を完全にシャットアウトすることはできません。太陽光を避けても、地面などから照り返してくるからです。
紫外線を受けた後のダメージを少なくする方が、対策としては効果的なのです。

まとめ

ビタミン類が日焼け対策に効果的なのは確かなんですが、かといって摂りすぎるのもいけません。
変に食事内容を偏らせるよりも、バランスよい食事を心掛けた方がよっぽど健康的です。

普段の食事に一品追加、くらいのゆるい考えでいいでしょう。
偏った食事で体調を崩したら、それこそ本末転倒ですからね。

スポンサーリンク