月とうさぎのお話の由来って?餅つきとの関係は?外国ではどうなの?

この記事をシェアする

月がキレイな日は、窓からつい月を眺めたくなるものです。
皆さんもそういった経験はありませんか?

私も子供の頃は眼が良かったので、ウサギの模様もくっきり見えていましたが・・・
今はもう、眼鏡をかけてもぼんやりとしか見ることができません。これが老眼の始まりなのでしょうか。

そんな月とうさぎの話、由来になったのは月の模様が似ているからというだけではありません。
実は、あれにはちゃんとしたお話があったのです。

スポンサーリンク
  

月とうさぎのお話の由来って?

月とうさぎにまつわるお話は、平安時代あたりに仏教から伝わってきました。
「ジャータカ」と呼ばれる仏教の説法をまとめた書物に載っていた話が元となっています。

月とうさぎのお話
昔あるところに、サル、キツネ、ウサギの3匹の動物がいました。
彼らが山の中を散歩していると、今にも力尽きそうな老人がいるではありませんか。

3匹の動物は瀕死の老人を助けるため、食べ物を取ってくることにしました。
サルは木の実を集め、キツネは川から魚を取ってきました。

しかし、ウサギは何の成果も得られませんでした。
彼は決して手を抜いていたわけではありません。ウサギは一生懸命に探しましたが、それでも食料は一向に確保できませんでした。

自らの無力さを嘆いたウサギは悩んだ末、ある提案をします。
それはサルとキツネに火を起こしてもらい、そこに飛び込んで自らが食料になるという壮絶な物でした。

サルとキツネも、友人の捨て身の提案を受け入れました。
かくしてウサギは自ら火の中に飛び込み、命を落とすことになります。

その姿を見ていた瀕死の老人は正体を現します。
老人の正体は帝釈天(たいしゃくてん)。数多い仏教の神の中でも、非常に偉いほうの神様です。

帝釈天はウサギの魂を月まで昇らせました。
ウサギの慈悲深い捨て身の行いを、月を見るたびに思い出せるように・・・

というお話になっています。

「うさぎとかめ」や「因幡の白うさぎ」などに代表されるように、昔話のウサギはあまりいい役を貰えることが無いのですが・・・
ウサギが主役でなおかつ善人(人?)というのは、このお話くらいの物ではないでしょうか?

月のうさぎと餅つきにはどんな関係がある?

上のような「月に兎が住んでいる」という伝承や説話の影響から、日本の文芸・演芸・絵画・音楽などの創作物には、月の住人として兎を用いた作品が多く見られるようになりました。

スポンサーリンク

その中でも、1912年に作曲された「兎の餅つき」という歌が有名です。
名前の通りウサギが餅つきをしている様子を描いた歌で、今日までのイメージを定着させることになります。

そういえば、上で紹介した「ジャータカ」に出てきた方のウサギも、老人に食べ物をあげるために奮闘するウサギでした。
月の模様が食べ物である餅に結び付けられたのは、これが由来かもしれませんね。

「月の模様がうさぎ」は外国の人にも通じる?それとも日本だけ?

月の模様が何に見えるかというのは、国によって違います。
月の模様がウサギに見えるという国は、日本と韓国、それと中国くらいの物です。

では、他の国ではいったい何に見えているのでしょうか?
有名なところをまとめてみました。

  • カナダでは「バケツを運ぶ女性」だと言われています。
  • ヨーロッパは地方によって異なり、北部では「本を持ったおばあさん」、南部では「カニ」、東部では「横を向いた女性」に見えるそうです。
  • アラビアの人は「ライオン」に見えるそうです。
他にも「ロバ」に見えるというところもあったり、「いやいや、あれはどう見てもワニでしょ」という地方もあります。

よく考えてみたら、月の模様の向きは見る場所によって違いますし、このように見え方に差が出るのは当然と言えますね。

ヨーロッパでは人間に見えるという意見が多いですし、考え方の違いが表れているのかもしれません。

スポンサーリンク