人生の成功者が習慣的にキレイにした3つのものとは?[#2]

この記事をシェアする

世の中には、数多くの「成功者」がいます。
ある人は学問で、ある人はスポーツで、ある人は大会社の社長、ある人は・・・
どんな分野にも、成功者と呼ばれる人たちはいます。

そんな彼らを見て、私は一つ思うことがありました。
「私もあれくらい人生で成功できたら、毎日めちゃくちゃ楽しいだろうな」と。

第2回では、成功者たちが欠かさずキレイにしてきた3つの物を紹介します。

スポンサーリンク

成功者たちはこの3つをキレイにしてきた!

1、自分がよく使う物

あなたがよく使う物は何ですか?
ゲーム?包丁?靴?なんでも構いません。
たまにはピッカピカにしてあげましょう。

私たちは仕事や生活の中で、様々な物に囲まれて暮らしています。
あなたがミニマリストな方でなければ、身の回りは物で溢れかえっていることだと思います。もちろん私もそうです。

その中でも、自分がよく使う物をピックアップしてみましょう。
キレイですか?それとも汚れていますか?

いつも使っている物が汚れていると、私たちはその物をぞんざいに扱ってしまいがちです。
すでに汚れているものに新しい汚れをつけることに、私たちは無頓着です。

逆にいつも使っている物がキレイだと愛着も湧いてきて「あまり汚さないようにしよう」と思い、物に丁寧に接するようになります。

こういう掃除は、始めるまでは面倒です。
ですが、いざ始めてみると段々楽しくなってきて、こだわり始めますよね。
掃除に限らず、何か新しいことを始める時は、その「はじめの一歩」を踏み出すのが重要なのです。

メジャーリーガーのイチロー(鈴木一郎)氏は、今年で43歳。
野球選手としてはかなり高齢の部類ですが、
彼は今なお現役で、メジャーリーグの最前線で戦い続けています。

そんな彼は、自分の使う野球道具を非常に大切に扱っています。
他の選手が帰った後も、自分のグラブを磨いていたほどです。

「神聖な野球道具を粗末に使うことは考えられない」「道具というよりは、自分の一部。自分の体の一部」とは彼自身の言葉。
彼の野球道具に対しての思いは、間違いなく世界一です。

その思いは、彼の人柄にも表れています。ニュースを思い出してみてください。
彼を賞賛するニュースの数と、彼を批判するニュースの数。
どちらが多かったかなんて、もはや言うまでもありませんよね?
というよりも私自身、イチロー氏を批判したニュースに出会ったことは一度も無いのですが。

道具へのストイックな思いこそが、今なお伝説を作り続けるイチロー氏を支えていると、私は考えます。

私は、いつも使っているパソコンをキレイにすることにしました。
すると、画面についた油汚れや隙間にたまったホコリがとれて、非常にスッキリすることができました。
やっぱり掃除っていいですね。

2、トイレ

トイレ掃除。普段から行っている人も多いでしょう。
実はあれにも深い意味があるんですよ。

トイレを掃除するというのは、一番汚いところを掃除するということです。
汚いところを掃除・・・普通はやりたくないですよね。
あなただけではなく、他の人もたぶんそう思っています。

でも、考え方を変えてみましょう。
他の人がやりたがらないことをやれば、喜ばれると思いませんか?
人に頼みたいことだからこそ、そこに価値が生まれると思いませんか?

スポンサーリンク

好きなことをやるのも大事ですが、それと同じくらいには他の人がやりたがらないことをやるのが、成功への近道です。


トイレはよく「店の顔」と言われることもあります。
今度、どこの店に行った時でもいいです。
一度トイレに行ってみてください。

トイレがきれいな所は繁盛しているか、その可能性があります。
逆にトイレが汚いところは、繁盛するわけがありません。
トイレ掃除くらいで儲かる可能性を掴めるなら、簡単な話だと思いませんか?

私は平日の朝一には軽く、日曜にはがっつりトイレ掃除していますね。

3、自分

自分がよく使う物やトイレの掃除も大切ですが、それよりももっと簡単にキレイにできるものがあります。
それは、「自分自身」です。

・・・別に、美男美女になれとか、そういう話ではありません。
自分自身を清潔に保つことが大事なのです。

フランスの軍人、ナポレオン・ボナパルトは、「人はその制服の通りの人間になる」という言葉を残しています。

つまり、自分をキレイにしようと頑張る人は、時間が経つと外見的にも精神的にもどんどんキレイになっていくのです。
キレイになれれば自分に自信がついて、行動や言動も変わります。
行動や言動も変われば、自分の未来も変わっていくのです。

それに、なんだかんだで人は第一印象が大事です。
見た目がキレイな人は、それだけ自分の魅力を多くの人にアピールできるのです。

私はこの記事を書いているとき、シャツのエリが半端に折れているのが気になったので、直しておきました。
記事を書き終わったら、顔でも洗おうかと思います。

まとめ

今回登場した成功者たちの詳しい解説はこちら。
イチロー(鈴木一郎) wikipedia
ナポレオン・ボナパルト wikipedia

「物をキレイにする」というのは、日本人の思想的にも割としっくりする行いです。
やおよろずの神って言いますもんね。

「成功者に学ぶ」記事のバックナンバーはこちらから
#1 #3 #4 #5 #6

スポンサーリンク