サンマの旬の時期はいつからいつまで?見分け方や寄生虫も紹介!

この記事をシェアする

「秋刀魚」とかいてサンマ。皆さんはサンマは好きですか?

刺身も美味しいですが、やっぱりおいしいのは塩焼き。
あれをご飯と一緒にかき込むのが最高です。おかげで秋は少し太ってしまいますが・・・

そんなサンマの旬の時期って、いったい秋のいつ頃なんでしょうか?
美味しいサンマの見分け方や寄生虫対策も併せて紹介していきます。

スポンサーリンク
  

サンマの旬の時期はいつからいつまで?

サンマを美味しく食べられる旬の時期は、だいたい9月~11月くらいまでです。
なので、季節的には秋のグルメとして扱われています。

サンマは回遊魚の一種であり、広い海を大移動しながら生活しています。
そうして各地で体に栄養を蓄え、ちょうど秋の時期に日本近海を通りかかるのです。

サンマが日本の近くを通る時は、北から南へ縦断するように移動します。
なので、北に行けば行くほど脂ののった美味しいサンマが取れるというわけです。北海道や三陸地方でサンマが有名なのもそのためですね。

ちなみに水揚げ初期の頃は需要に対して供給量が少ないので、値段も高めです。
初物だからといって美味しいとは限りませんし、食べるのは値段が安くなってくる9月下旬頃からがいいでしょう。

サンマは秋が旬の魚なのに、なんで店には1年中置いてあるの?

スーパーの鮮魚コーナーに行くと、大概の所で1年中サンマが置いてありますよね。
漁獲されるのは秋なのに、1年中どの季節でも食べることができるサンマ。いったいこれはどういうカラクリなんでしょうか?

「養殖物?」と思うかもしれませんが、サンマの養殖技術は未だ確立されていません。
サンマは回遊魚なので養殖のコストが高く、値段の割に合わないんだとか。

なので、市場に出回っているサンマはすべて天然物というわけです。

実は、漁獲されたサンマは全部その年に食べられるのではなく、一部は冷凍保存用に回されます。
現在の冷凍技術は優秀なので、魚の鮮度を1年間持たせるくらいは平気で可能なのです。

point! 秋以外の季節に売られているサンマは、前の年に冷凍したものであることがほとんど。

美味しいサンマの見分け方はある?

美味しいサンマは、見た目にも美しいものです。
数あるサンマの中なら「当たり」を探すための、重要な3つのポイントを紹介します。

目が澄んでいる

死んだ魚の眼、という言葉がありますが、新鮮な魚の眼はそこまで濁ってない物です。

見るべきところは、主に黒目の周りです。
黒目が溶けたようになっておらずくっきりとしているものは、新鮮なサンマの証拠です。

くちばしが黄色い

サンマの色は全身が青や銀系統ですが、口先だけは黄色いという謎の特徴を持つ魚です。
サンマの口先が黄色くなる理由は現在も判明しておらず、謎の特徴というのはあながち間違いでもなさそうです。

スポンサーリンク

今わかっていることといえば「口先が黄色いサンマは美味しい」「獲れてから3日くらい時間が経つと茶色く変色する」ということくらいです。
研究者ではないただの消費者である私たちにとっては、それだけ分かれば十分ですね。

ちなみに、ごくまれに全身が黄色いサンマが獲れることがあるんだとか。
縁起物として高値で取引されるそうですが、見た目を想像するとちょっと不気味な気もします。

腹部が硬い

魚が腐った時に一番最初に状態が悪くなるのは、内臓です。

なので、お腹が硬いということは内臓が腐っていないということであり、つまりは新鮮なサンマだということです。
また、ただ硬いだけでなく、弾力があるものであることが重要です。

サンマの刺身には寄生虫のリスクがあるってホント?

残念ながらサンマに限らず、ほとんどの魚には高確率で何かしらの寄生虫がついています。

とはいえ、体表につくような大きくて目立つ寄生虫は店での陳列前に取り除かれています。
問題は体の中に潜む寄生虫です。寄生虫は体表や筋肉の部分よりも、内臓の中にはるかに多く存在しているためです。

サンマに特に多く寄生するのは「アニサキス」という虫です。
アニサキスは口の中でよく噛んでも生きている程の強靭な体を持つうえ、体内に入り込むと胃や腸をボロボロにしてくる恐ろしい奴です。

アニサキスはわさびや酢締めでは退治できず、しっかり加熱するか凍らせるかのどちらかをしなければいけません。

サンマの身だけを食べる場合はともかく、内臓まで食べる場合は寄生虫対策を欠かさないようにしましょう。
それでも不安な時は、いっそのこと内臓を食べずに捨ててしまうのも手です。

内臓好きな人にとっては勿体無いですが、寄生虫にあたってお腹を壊すよりはよっぽどマシです。

スポンサーリンク