静電気体質は改善できる?悪影響はある?霊感との関係って?

この記事をシェアする

最近妙に疲れやすかったり、急に肩がこりはじめたなんてことはありませんか?
もしかしたらそれは、静電気の仕業かもしれません。

特に冬は空気が乾燥しやすく、静電気による被害が増える季節。
金属製の製品に触れたときなどに「ビリっ!」ときて、嫌な思いをしたことがある人も多いかと思われます。

静電気が溜まりやすい体質は、どうやって改善すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
  

静電気が溜まりやすい体質は改善できる?

静電気体質を改善する方法は大きく分けて

  • 体質そのものを変える方法
  • 周りの環境を変える方法
の2つに分かれています。

個人的には環境を変える方が楽だと思いますが、今回はどちらのやり方も紹介していきます。
自分に合いそうなものを試してみましょう。

肌の保湿を行う

静電気体質そのものを改善するには、肌の保湿が一番です。

乾燥は静電気の発生を招くとされる大きな原因の1つです。冬に静電気が溜まりやすいのもそのためですね。
肌は様々な影響を受けて乾燥しやすい部位なので、それだけ静電気を集めやすいのです。

肌にうるおいを与えるには

  • ボディクリームや入浴剤を使う
  • 偏食をせず、バランスのとれた食事を摂る
  • 十分な睡眠時間を確保する
といった方法を試してみましょう。

加湿器などで空間の湿度を保つ

こちらは周りの環境にアプローチする方の静電気対策で、そのなかでも最も一般的なものです。

先ほども紹介した通り、静電気が起こる一番の理由は空気が乾燥していることです。
なので、加湿器を使って空間の湿度を高くすれば、静電気の発生を抑えることができるのです。

ある研究によると、静電気が発生しやすい湿度というのは、だいたい35%以下なんだそうです。
湿度が35%を下回ると、木材や木綿などといった静電気が起こりにくい物質にも静電気が発生するようになります。

それとは逆に、静電気が発生しにくい湿度帯というのもあります。
湿度が65%を超えると静電気そのものが発生しにくくなり、もし発生したとしても静電気が自然放電されやすくなります。

あまり湿度が高いのもジメッとしていて気持ち悪いですし、だいたい50~60%くらいの湿度を保つのが理想的です。

もし加湿器がない場合は、濡れたタオルを部屋干しするのが湿度を上げるのに効果的です。
しばらくするとタオルが乾いてしまうので、定期的に濡らすようにしましょう。

スポンサーリンク

静電気が溜まりやすい体質はどんな悪影響がある?

静電気体質による悪影響は、着替えやドアノブに触った時に「バチッ」と来るだけではないのです。
それ以外にも様々な面で悪影響を及ぼします。

例えば、静電気体質になると疲れやすくなります。
これは静電気が発生する際にビタミンCやカルシウムが放出されることが原因で、せっかく摂取した栄養が無駄になってしまうのです。

また、静電気によって空気中のホコリを集めやすくなるため、ダニやカビなどのアレルギーを発症する危険もあります。

静電気体質はそれ以外にも

  • 血行の悪化による肩こりや腰の痛み
  • 栄養の流失による肌荒れや髪質の悪化
といった悪影響を及ぼします。

命に関わるほどの重大ではありませんが、地味~に嫌な症状ばかりですね。

静電気が溜まりやすい体質と霊感との関係って?

なんでも、静電気体質の人は霊感も強い傾向にあるんだとか。
妙にオカルトチックで、現実離れした話ですが・・・

私の友人にやたら霊感が強い人がいるのですが、彼も静電気体質です。
友人が良くお世話になっている霊媒師いわく、「霊と電気は性質が似ている」とのこと。

なので、電気を貯めやすい静電気体質の人は幽霊も近寄りやすく、その分霊感も強くなるんだそうです。

私は霊感がさっぱりない方の人間なので、この話の真偽は完璧には分かりません。

ですが、霊感の強い私の友人の周りでは、何かと奇妙なことが起こりやすいのも事実。
本当のところはどうなんでしょうか?謎は深まるばかりです。

スポンサーリンク