蚊取り線香を入れておく豚の置物の名前や由来は?海外にもあるの?

この記事をシェアする

夏の蚊取りグッズとして、蚊取り線香はまだまだ現役です。

一昔前の家の中には、たいてい蚊取り線香を入れておく豚の置物があったものです。
今は電気マットや液体式の蚊取りグッズが主流なので、現代人にはあまり馴染みがないかもしれませんが・・・

ところで蚊取り線香を入れておく豚の置物、あれはいったい何という名前なんでしょうか?
そもそも、なんで豚の形をしているのでしょうか?

スポンサーリンク
  

蚊取り線香を入れておく豚の置物の名前は?

蚊取り線香を入れておく豚の置物の名前は「蚊遣り豚(かやりぶた)」といいます。

かつて蚊取り線香が無かったころ、日本では「蚊遣り木」というもので蚊の対策をしていました。
松や杉などの木材をいぶして煙を発生させ、その煙で蚊を追い払っていたのです。

ですがこの蚊遣り木、室内で使うには1つ問題がありました。
いぶすということは火を使うわけですし、蚊遣り木は床に直置きできないのです。火事になってしまいますからね。

そこで昔の人は、火のついたものを入れても大丈夫な耐火性のある置物を作ることにしました。
その置物というのが蚊遣り豚なのです。

point!蚊取り線香を入れておく豚の置物の名前は「蚊遣り豚(かやりぶた)」と言う。
名前の由来は、「蚊遣り木を入れておく置物」というところから来ている。

蚊取り線香を豚の置物に入れる由来って?

そもそも、なぜ蚊取り線香の入れ物は豚の形なんでしょうか?
豚が蚊を追い払うなんて話は聞いたことがないですし、わざわざ豚の形にした理由が気になるところです。

蚊取り線香の入れ物はなぜ豚型なのか?
実は、由来は2つあります。

1つは、江戸時代末期に発祥したという説です。
新宿にある武家屋敷の跡地を調査したところ、かつて使われていたと思われる蚊遣り豚の実物が発見されたのです。

発見された蚊遣り豚は現在の物と形が異なっており、豚の鼻部分が非常に細く作られています。
その見た目はあまり豚っぽくはなく、お酒を飲むときに使うとっくりに似ています。
底が外れて使えなくなったとっくりを、蚊遣り木の入れ物に流用したのでしょうか?

ですが、ここから豚の形へと変化していった理由はまだ分かっていません。
なので、現状は2つ目の説の方が信ぴょう性が高いと言えます。

その2つ目の説というのが、愛知県の常滑(とこなめ)市で生まれたという説です。

常滑で養豚業を営んでいた業者は毎年夏になると、あることに悩まされていました。
蚊が豚を刺してウイルスを媒介してしまい、商品にならなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

その対策のため、円筒状の土管に蚊取り線香を入れておくことにしました。
ところが土管は開口部が大きすぎるので、煙が拡散してしまいます。
そのため、改良として少しずつ開口部を縮めることにしました。

そんなある日、養豚業者は開口部を縮めた土管を見て「これって豚に似てるかも?」と思い始めます。
せっかくなので豚の形にした土管を蚊取り線香の入れ物として販売してみたところ、空前の大ヒット。常滑のお土産として扱われるようになりました。

このことにちなんでか、常滑市では「蚊遣り豚アート」なるものを開催しているそうです。
しかも、殺虫剤の国内トップシェアであるKINCHO社が協賛しているとのこと。

たった1つの思いつきがここまで発展する様は、まさに日本版アメリカンドリームと言えますね。

蚊取り線香を入れておく豚の置物は海外でも使われている?

残念ながら(?)、海外では蚊遣り豚のことを知らない人が多いです。
まあ、外国の家に日本風の蚊遣り豚はあまりにミスマッチすぎる気がしますが・・・

ちなみに、蚊取り線香そのものは海外でもよく使われています。
ヨーロッパやアフリカ、アメリカやオセアニア地域など、世界のあらゆるところで日本の蚊取り線香は活躍しています。

海外の蚊はマラリアなどの恐ろしい病原菌を持っていることがありますし、蚊への対策は日本よりも気を遣っているのです。
なにかのテレビで、「外国に蚊帳を持っていったら大ヒットした」なんて話もありましたね。

もし外国人の友達がいるのであれば、日本っぽいお土産として蚊遣り豚を贈るのもいいかもしれません。
蚊遣り豚ってけっこう可愛らしい見た目ですし、外国の人には受けがいいと思いますよ。

スポンサーリンク