こたつで寝るとなぜ風邪を引く?他のデメリットは?電源を切ればいい?

この記事をシェアする

日本の冬といえばこたつ。皆さんは使うでしょうか?
こたつは恐ろしいです。一度入るとなかなか出られなくなりますし、そのまま眠くなってしまうことだってあります。

ですが、本当に寝てしまう前に知るべきことがあります。
実は、こたつで寝てしまうのには、かなりの危険が潜んでいるのです。

スポンサーリンク
  

こたつで寝るとなぜ風邪を引く?

こたつで寝ると風邪を引いてしまうのは、様々な原因によって免疫力が下がるためです。
別に、こたつが風邪のウイルスを媒介しているわけではありません。

では、こたつの何が原因で風邪を引いてしまうのでしょうか?
その一番の原因は、こたつの一番の長所でもある「暑いところ」です。

電源を入れたこたつの中は暑く、ずっと入っていると汗をかいてきます。
この「汗」こそが、風邪の原因となるのです。というのも、汗をかくことによって体力を使うためです。

人間の体は本来、睡眠時には体温が下がるようにできています。
ですが、こたつで寝るとなかなか体温を下げることができません。
周りの環境が暑いと、体が効率的に放熱できなくなるのです。

そんなとき私たちの体がどうするかというと、放熱のために汗をかき始めます。
睡眠中に汗をかくというのは人間の体では想定されていない事態であり、とてもエネルギーを使います。

こたつで寝ると朝にぐったりしてしまうのは、汗をかくのにエネルギーを使ってしまうのが原因です。
ぐったりした体は免疫力が低下しているため、風邪のウイルスが侵入しやすくなっているのです。

また、こたつで寝ると上半身と下半身の体温にギャップが生まれます。
これによって自律神経が狂わされるのも、風邪になりやすくなる原因といえます。

こたつで寝るのにはどんなデメリットがある?

こたつで寝ると風邪を引きやすくなる・・・それだけだと思っていませんか?
実は、こたつで寝るという行為にはまだまだ危険が潜んでいるのです。

例えば、全身の筋肉が凝り固まることによって肩こりや腰痛などを引き起こします。
こたつの中は狭いため、寝返りを打つことができません。なので、長時間同じ姿勢を取ってしまいがちなのです。

また、脱水症状の原因にもなります。
上の方でも説明した通り、こたつで寝ると大量の汗をかきます。寝ている間は水分を補給することができないため、大量に水分を喪失するのはかなり危険です。

スポンサーリンク

一口に脱水症状と言っても症状は様々です。
頭痛やめまいといった軽微な物から便秘のような何日も影響が出る物、ひどい時には脳梗塞なんてのも・・・

実際、こたつでの就寝が原因で亡くなる人が毎年のようにいます。
眠りに入るときには気持ちいいのに、朝起きたら大変なことになっている・・・こたつはまさに魔物です。

こたつで寝るときは電源を切れば問題ない?

こたつ寝が危険なのは、電源を入れたままのこたつが暑いからです。
なので、電源を切れば問題ありません。

ですが、こたつは毛布と体があまり密着しないため、うまく体温調節ができなくなります。
普通に布団で寝るよりも体に良くないことは確かでしょう。

そもそも、わざわざ電源を切ったこたつで寝るくらいであれば、初めから布団やベッドで寝た方が良い気もします。
布団を敷いたり、布団のあるところまで移動するのが億劫でなければの話ですが・・・

色々書きましたが、こたつで寝るときは電源を切った方が良いのは確かです。
こたつで睡魔に襲われた時は、先回りして電源を切っておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク