人生の成功者の名言は,なぜ私たちの心を動かすのか[#4]

この記事をシェアする

世の中には、数多くの「成功者」がいます。
ある人は学問で、ある人はスポーツで、ある人は大会社の社長、ある人は・・・
どんな分野にも、成功者と呼ばれる人たちはいます。

彼らは高い求心力、カリスマを持ちます。
彼らと同じ時代にいた人や彼らを見た私たちの心を動かす、圧倒的な魅力を持ちます。

私たちはなぜ、彼らに魅了されるのでしょうか?
そして私たちにも、彼らのように人を魅了することはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ、成功者たちは応援されるのか

人は誰でも、叶えたい夢があります。
それは成功者たちと言えども、例外ではありません。
彼らも、私たちと同じ人間ですからね。

私たちの夢と言えば、そうですね・・・
・もっとお金持ちになりたい!
・もっと自由な時間が欲しい!
・もっとモテるようになりたい!
ベタなものでは、こんなものでしょうか。
我ながら、俗っぽい夢ばかり思いついたものです。

ですが、私たちと同じ人間である成功者たちは、こんな夢を抱かなかったのでしょうか?
彼らはみんながみんな、素晴らしい夢を抱いて大きなことを成し遂げたのでしょうか?

私は、そうは思いません。
元をたどれば、俗っぽい夢から始まった成功者もいるはずです。
私には人の考えをのぞくことなんてできませんが、無数の成功者たちの中にはたぶん一人くらい、俗っぽい人はいたと思います。

ですが、たとえ彼らと私たちの夢が同じだったとしても、彼らと私たちの夢には決定的な1つの違いがあります。

それは「魅力」です。彼らの語る夢はとても魅力的です。
夢を聞いた人がワクワクして応援したくなるような、圧倒的な魅力があります。

その魅力は、彼らの「言葉」によって生み出されると、私は思います。
その証拠に、成功者の伝記やwikipediaには、これからずっと語り継がれるであろう数々の名言が記録されています。

彼らの言葉には、どんな秘密があるのでしょうか?

人の心を動かす「言葉」の力

キング牧師はご存知ですよね?
彼は幼少期に受けた人種差別をきっかけにして公民権運動を始め、最終的にはアメリカの歴史を語るうえで最も重要な人物の1人になりました。

これはアメリカの人種差別の撤廃に貢献した彼の有名な演説、「アイ・ハブ・ア・ドリーム」の一部です。

「私には夢がある。いつの日にか、かつての奴隷の子供たちと、かつての奴隷を使っていた人の子供たちが、兄弟愛というテーブルに一緒に座れるようになるという夢が」
「私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。」

日本には奴隷や人種差別といった問題はアメリカほど馴染みがなく、あまりピンとこない話だと私は思います。
それでも、彼の演説を聴くと、心が震えますよね。
もし演説の場に立ち会えたら、きっと彼を応援したくなりますよね。

でも、私たちにそんな夢が語れるのでしょうか?
キング牧師のような、誰に話しても恥ずかしくない素晴らしい夢を語ることは、本当に可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

私は、できると信じています。
言葉は、誰にでも使うことができる最強の力です。
陸上の世界記録を目指すよりも、人の心を動かす方がはるかに簡単です。

例えば、さっきの「お金持ちになりたい!」という夢。

「お金持ちになって、良い車を買いたい!」「お金持ちになって、高い腕時計を買いたい!」みたいな夢を聴かされたら、私はうんざりしますね。
だって、私に関係ありませんし。

ですが、もし「お金持ちになったら何がしたい?」という夢を聴かされたら。
私はワクワクするでしょうし、その人を応援したくなると思います。
お金持ちになった自分を想像すると、それだけで幸せになれますね。

「自分が幸せになればそれでいい」という独りよがりな夢は応援されませんし、叶うこともありません。
でも、「夢を聴いている人」を幸せにしようとする夢は多くの人から応援されて、いつか本当に叶う日が来ます。

あなたに今、叶えたい夢があるのなら。
その夢で自分だけではなく、他人も幸せにできないかを考えてみましょう。
そうすればあなたの夢は、誰からも応援される素晴らしい夢に少しずつ近づいていくはずです。

まとめ

今回登場した成功者たちの詳しい解説はこちら。
キング牧師 wikipedia

何度も書きましたが、成功者たちも私たちと同じ人間です。
生まれつきの天才でも何でもない普通の人間でも、
彼らのように成功することは可能だと、私は信じています。

そのためには、みんなから応援される夢を持つこと。
そして、その夢の実現に向けて努力すること。
この2つをまっすぐにこなすことで、私たちは成功できるのです。

「成功者に学ぶ」記事のバックナンバーはこちらから
#1 #2 #3 #5 #6

スポンサーリンク