高齢者の夏バテの原因とは?対策や食べ物はどうすればいい?

この記事をシェアする

夏の暑い時期になってくると、心配になってくるのが高齢者の方の夏バテです。

高齢者の方が夏バテになってしまうと重症化してしまい、そのまま衰弱や寝たきりにつながってしまう危険があります。
私も80歳を超えたお爺さんお婆さんと一緒に住んでいるのですが、夏の暑い時期はやっぱり心配です。

ですが、毎日の食事や運動で夏バテは予防することもできます。
今回の記事では、高齢者の方に元気に夏を過ごしてもらうための情報をご紹介します。

スポンサーリンク

高齢者の方の夏バテの原因って?

夏バテになる主な原因は3つ。脱水症状、熱中症、栄養不足です。
高齢者の方は若い人と比べて体の機能が低下しているため、熱中症になりやすいです。

高齢者の方の夏バテの原因には、以下のようなものがあります。

  1. 体温調節機能の低下
  2. 高齢者の方は若い人よりも汗をかきにくく、血の流れもよくないです。
    その結果、体の外にうまく熱を逃がすことができなくなり、体温が上昇してしまいます。
    高齢者の人は皮膚の感覚も鈍くなっており、体温が上昇してもそのことに気付きにくくなるというのも悪循環を生み出します。

  3. 体内の水分量の減少
  4. 体内の水分量は、年齢を重ねるごとに段々減少していきます。子供の時は体の約70%が水分で構成されているのですが、老年期になると約50%にまで減少してしまいます。
    高齢者の方は若い人と比べると、常に水分不足であるといってもいいでしょう。

    ところが、年を取るとのどの渇きを感じにくくなり、自分から水分補給をあまりしなくなります。すると余計に水分不足になり、脱水症状が起きやすくなります。

  5. 食事の偏りによる栄養不足
  6. 年を取ると嚙む力と消化力がどんどん衰えていき、やわらかくて消化の良いものを食べることが多くなります。すると食事のバリエーションが減って内容が偏りがちになり、必要な栄養が十分に取れないこともあります。
    若い人と比べれば食事量も少ないのも、栄養不足になりやすい理由です。

こうしてみると、体の機能が低下していること、そのことに自分で気づけないことが高齢者の方の夏バテの主な原因になっていると分かります。
なので、周囲の人たちで注意する必要があるのです。

point!食事量が突然減ったり、横になる時間が多くなったときは、夏バテの可能性があります。

高齢者の方のための夏バテ対策

夏バテを防ぐには、健康な体を作るのが一番です。
睡眠をしっかりとって、三食きちんとご飯を食べましょう。

水分補給も大切です。
「喉が渇いた」と思う前に、こまめに水やお茶を飲むようにしましょう。
冷たすぎると胃腸に負担がかかるので、少しぬるいぐらいのがおススメです。

そして忘れてはいけないのが、部屋を涼しくすること。
高齢者の方の中にはエアコンが苦手な方も多いのですが、風が弱い日だと部屋にすぐ熱がこもってしまい、熱中症の原因になってしまいます。

28℃くらいの温度でいいので、エアコンはつけるようにしましょう。
家族の方が説得するなどの気配りも大切です。

高齢者の方の夏バテ予防の食べ物にはコレ!

高齢者の方は消化も悪く、また食事量も少ないので、食べ物には気を使う必要があります。
我が家での実例も含めた豆知識を紹介します。

スポンサーリンク
      ・そうめん+〇〇〇で栄養補給!

    夏といえばそうめん。消化も良く、まさにうってつけの食べ物です。
    なんですが、そうめんだけだと他の栄養が摂れません。

    なので我が家では、そうめんにキュウリやトマトや卵を乗せて、冷やし中華風にして食べるという発明をしました。
    けっこう大量に具を乗せるんですけども、そうめんと一緒だとペロッと完食できちゃうんですよね。

      ・うなぎや豚肉はNG!?

    夏バテ対策に効果が大きい栄養素が、ビタミンB1。
    ビタミンB1といえば、うなぎや豚肉に多く含まれている栄養素です。
    ですが、夏バテ対策にうなぎや豚肉を食べるのは、逆効果になってしまうこともあります。

    うなぎや豚肉に含まれた大量の脂肪は、消化に時間と負担がかかってしまいます。
    消化力が弱い高齢者の方だとなおさらです。

    対策としては、

        ・ゆでたり蒸したりして脂肪分を飛ばす
        ・肉ではなく、豆類やモロヘイヤなどの夏野菜で栄養を摂る

    といったものがあります。

      ・薬味を使って食欲UP!

    食事に薬味や香辛料を使って、食欲を増進させましょう。
    特に、トウガラシやコショウといった辛いものは、食欲を刺激します。

    また、辛いものだけではなく、梅干しやポン酢なども夏バテ予防に効果的です。
    酸味成分であるクエン酸が、消化器の働きを促進させるからです。

    過剰な薬味は胃腸に負担をかけるので、ほどほどが肝心です。

point!高齢者の方の夏バテに効果的な食べ物まとめ

      ・主食にはそうめんがおススメ。個人的には他の具材と一緒に食べるとなおよし。
      ・脂っぽいものは消化に悪いので、できるだけ避ける。
      ・適度な辛味や酸味には、食欲増進効果がある。

まとめ

若い人に比べて体力が落ちている高齢者の方は、夏バテになりやすくなっています。
夏バテを防ぐためには普段の生活を健康的に保つことが大切です。

私も祖父母に元気になってもらうために、久々に台所に立つことにします。

スポンサーリンク