父の日のプレゼントの選び方!お酒やそれ以外からは何を選ぶ?

この記事をシェアする

あなたは、6月の第三日曜日が何の日だかご存知ですか?
そう、父の日です。自分を育ててきてくれた実のお父さんや、お世話になっている義理のお父さんに感謝の気持ちを伝える日です。
気持ちだけでなく、何かプレゼントを渡そうと考えている人も多いと思います。

どうせなら、お父さんが喜んでくれるようなものを渡したいですよね。
世のお父さん方は、父の日にいったい何を求めているのでしょうか?
今回は、多くを語らないお父さん方の真実を紹介します。

スポンサーリンク

父の日に子供からしてもらいたいことって?

では、父の日にしてもらいたいことランキング・トップ5を発表します。
果たして1位はなんでしょうか?

        5位・一緒にご飯を食べに行く

好きな人と一緒に過ごす時間というのは、それだけで十分なプレゼントになります。外食ではなく、家で一緒にご飯を食べるのもいいかもしれません。

        4位・一緒に家でゆっくり過ごす

5位と大体同じですね。忙しい現代では、何もしないでゆっくり話せる時間はすごく貴重です。

        3位・プレゼントをもらう

意外や意外。父の日の定番、プレゼントは3位です。

        2位・直筆のメッセージや手紙をもらう

直筆のメッセージや手紙には、パソコンで打つ字よりも温かみがあります。
文字だけでなく、似顔絵なんかを書いてみてもいいかもしれません。

        1位・感謝の言葉をかけてもらう

2位と同じ。いつもは照れくさくて言えない感謝の言葉。
でも、普段は聞けない感謝の言葉が、お父さんの元気の源になります。

いかがでしたか?個人的には、プレゼントをもらうのが3位で、感謝を伝えるのがワンツーフィニッシュを飾ったというのが一番意外でした。
感謝の気持ちには、お金で買うことができない価値がありますからね。

point!お父さん方は、お金で買えない「感謝の気持ち」を欲しがっています。
プレゼントに感謝の手紙や言葉を添えると、すごく喜んでもらえるでしょう。

お父さんが欲しいプレゼントって?

さて、感謝の手紙や言葉と一緒に贈るプレゼントは何にしましょう?
お父さん方は、自分が何が好きかなんてあまり語りませんからね。
私はそこがカッコいいとも思うんですが。

でも、大体外さないといわれる定番のプレゼントがあります。
それは、「お酒」です。父の日は夏が近いこともあって、特にビールがおススメです。
晩酌用のお酒を送るのもいいですが、一緒にお酒を飲みながら話をするのもいいかもしれません。

でも、あなたが未成年だったら、一緒にお酒を飲むのは法律違反です。
絶対にやめてくださいね。お父さん悲しみますよ。
そもそも未成年だとお酒を飲むどころか、買うこともできません。amazonなどの通販でも年齢確認が入りますからね。

そういう時は、お酒を大人の人から買ってもらって、自分はお酒に合う食べ物やおつまみをプレゼントするというのはいかがでしょうか?
「好きなものがより楽しめるようになるもの」を贈るのは、喜ばれるプレゼントのヒケツですよ。

スポンサーリンク
point!成人している人は、父の日にはお酒をプレゼントして、一緒に楽しい時間を過ごそう。未成年の人は、お酒の代わりにおつまみをプレゼントするのがおススメ。

もし、お酒以外だったら何がいい?

もしかしたらあなたのお父さんは、お酒が嫌いな人かもしれません。
あるいは病気を持っていて、今お酒が飲めないのかもしれません。
そうだとしたら、お酒を贈るのはやめた方がいいですよね。

では、お酒以外なら何をプレゼントに贈るのがいいんでしょうか?
お酒以外なら、このあたりが定番となります。

      ・グルメ

    お酒のおつまみでなくとも、普通に美味しい食べ物をプレゼントするのもいいでしょう。
    いくらお父さんといっても、食べ物の誘惑には勝てません。

    何が好物か分からない時は、魚介類や野菜よりも、お肉を贈るのがおススメです。
    もう歳だから魚や野菜がいいじゃないと思うかもしれないですが、実は肉が食べたいと思っているお父さんが多いのです。

      ・ファッション

    特にポロシャツやTシャツといった衣類が人気ですが、それ以外にもネクタイや靴下などの小物もプレゼントにはいいようです。
    手芸が得意な方は、手作りするのもいいかもしれませんね。

    ちなみにファッションのブランドに関しては、意外にもこだわりがないお父さんが多いです。
    感謝の気持ちがこもっていれば、それだけでお父さんはうれしいようです。

      ・趣味に合わせたプレゼント

    スポーツや山登りなどのアウトドア派なお父さんには、趣味に役立つ贈り物をしたり、一緒に趣味を楽しむのもいいかもしれません。
    インドア派お父さんには、本や家電もいいかもしれませんね。

    まとめ

    親は子供からのプレゼントであれば、何でも嬉しいというのが本音です。
    値段が安かろうが高かろうが関係ありません。気持ちが大切なのです。
    恩は返せるうちに返しておきましょう。いつか突然、恩が返せなくなる日が来るかもわかりませんからね。

    父の日をきっかけに、日頃頑張っているお父さんへ「お父さんありがとう!」という感謝の気持ちを伝えてみませんか?

    スポンサーリンク