お中元のお返しは不要?断るときのマナーや手紙はどうする?

この記事をシェアする

親戚や親しい友人からお中元をもらったとき、一番困ってしまうのがお返しのことです。

「よくお返しの品は不要って聞くけれども、本当のところはどうなの?」
「お中元を贈ってくるのをやめさせたいんだけれども、どう言えば分かってもらえるの?」
そう思ったことがきっと一度はありますよね。

今回は、関係を壊すことなく、後腐れなくお中元を断るためのマナーを紹介します。

スポンサーリンク

そもそもお中元のお返しは必要?それとも不要?

基本的には、お中元のお返しは不要です。
お中元は本来、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて「贈るもの」です。
なので、「贈られたもの」に「お返し」をする必要は、マナー上はありません。

ですが、いくらマナー上は問題ないといっても、一方的に貰うだけというのも相手に悪い気がしますよね。
そういう時は品物ではなく、お手紙で感謝の気持ちを伝えるのが良いでしょう。
相手と親しい間柄であれば、電話やメールでも構いません。

また、お返しが不要だからと言っても、お返しをしてはいけないというわけではありません。
お中元やお歳暮のお返しの品物を贈ったをとしても、それは失礼にはあたりません。

個人宛ではなく、企業からのお中元でもそれは同じです。
基本的には、電話、メール、はがきなどでお礼の連絡をするだけで構いません。
もしあまりにも高価すぎるお中元があった場合には、上司に取扱いの相談をするのが無難でしょう。

point!お中元のお返しの品物は基本的に不要。ただし、感謝の気持ちは伝えるべき。

お中元を断るときのマナーはどうする?

お中元をもらう方の中には、「お返しの品物を買うお金で家計がカツカツ・・・」「特に親しくもない相手からお中元が贈られてくる。正直やめてほしい」などの、お中元という関係を断ち切りたい人もいると思います。

そういったときは、感謝の気持ちを伝えるとともに「次回からはお互い気を使わないようにしませんか?」や「次回から負担をかけたくないので、お気遣いなく」といったように、やんわりと断ってみるのはいかがでしょうか?
そうすれば、相手方にも誤解されずにこちらの意図を汲んでもらえるはずです。

ですが、「どうしても来年からはお中元やお歳暮を贈るのをやめてもらいたい!」と思う人もいるでしょう。
そこで、お中元を辞退するためにより効果的な2つの方法を紹介します。

  1. 倍返しする
  2. 送られてきた品物の倍程度の金額の品を送ります。

    この「お中元の倍返し」には「気持ちは嬉しいが、今後このような気遣いは不要」という意味があります。
    ただしお返しの負担が大きいうえ、世間一般には知名度があまり高くない作法なので、相手がこちらの意図を理解できない可能性があります。

  3. 返送する
  4. 送られてきた品を開封せずにそのまま包装し直して返送します。
    このとき、丁重に辞退する旨の手紙を一緒に添えます。(文の例も下に載せておきました)
    意味は1の倍返しと同じです。倍返しよりも知名度が高いので、試すとしたらこちらの方がいいでしょう。

point!お中元を断るときは、まずはやんわりと拒絶の意志を伝えてみる。それでも通じなかったり、一刻も早くお断りしたい時は、倍返しや返送といった手段もある。

スポンサーリンク

お断りの手紙はどうやって書く?

お断りの意志を伝える手紙を書く時、特に気を付けたいポイントはこの4つです。

  1. 断りの意志を明確にする。
  2. 本文の最初には、お中元やお歳暮が届いたことに対する感謝の気持ちを示す。
  3. 断る理由を挙げて、相手の好意を無にしないようにする。
  4. 今後の関係を考えるのであれば、なるべく角が立たない表現を選ぶ。

「気持ちだけ受け取り、品物は断る」のスタンスで、「お中元を断る=関係の拒絶」だと思われないような文面にすることがコツです。
例えば、こちらのような文になります。

拝啓 暑さ厳しきおりではございますが、お健やかにお過ごしでしょうか。
 私どもはおかげさまで元気に過ごしております。
 さて、先日は心のこもった御中元の品をお送りいただき、本当にありがとうございました。日頃から何かとお心にかけていただきまして、温かなお心遣いに感謝申し上げます。
 私どものほうこそ、日ごろご無沙汰ばかりで何のお役にも立てませんのに恐縮しております。どうか今後はこのようなお気遣いなさいませんように、お願い申し上げます。
 猛暑のおり、どうかお体を大切になさってください。
 略儀ながらお礼とお願いを申し上げます。
                                      敬具

まとめ

お中元は日本古来から続く、伝統ある行事です。
ですが時代の流れなのか、最近ではお中元を贈らないところや、贈るのをやめてほしいと思う人も増えているようです。

関係を断つ時は後腐れなく断てるように、マナーをしっかり覚えましょう。

スポンサーリンク