蚊取り線香の子供への影響は?自由研究にも使える手作りのレシピとは?

この記事をシェアする

夏の風物詩もとい招かれざる客、蚊。
特に、赤ちゃんや子供は大人よりも体温が高いので、蚊に狙われやすいです。
最近の蚊はデング熱の病原菌を持っていたりするので、たかが蚊と侮ってはいられません。

昔ながらの蚊取りグッズ、蚊取り線香でうっとうしい蚊を撃退してしまいましょう!
でも、蚊取り線香って本当に安全なんでしょうか?そんな疑問を解決します。

スポンサーリンク

蚊取り線香の子供への影響

結論から言うと、蚊取り線香の煙は人体には(ほぼ)無害です。
なので、小さいお子さんや赤ちゃん、妊婦の方が煙を吸っても特に問題はありません。

蚊取り線香の主成分は、除虫菊に含まれる天然の殺虫成分「ピレトリン」を人工的に改良した「ピレスロイド」というものです。
ピレスロイドはピレトリンと比べて虫よけ効果が高いうえ、安全性も高いのが特長です。

ピレスロイドは人体に取り込まれても、すぐに分解されて体の外に排出されていきます。
そもそも蚊取り線香の煙に含まれているピレスロイドはごく微量なので、蚊にとっては毒でも人間にとっては誤差の範囲です。

もし煙に悪影響があったらとっくの昔に回収騒ぎになっているでしょうし、そういうニュースが出てこない時点で安全は保障されたようなものです。

point!蚊取り線香の煙は人体には無害。ただし、煙を直接吸うのは流石に良くないのでやめさせましょう。
コラム科学的な成分を一切含まない、100%天然由来成分の蚊取り線香も発売されているようです。
お子さんにより安全な方を選ぶならこっちですね。

ただし、煙自体は無害でも注意しなければならないことがあります。
蚊取り線香本体にも、思わぬ危険が隠れています。

小さい子はなんでも触りたがるので、燃えている途中の蚊取り線香に触ってしまうことがあります。もちろんやけどしてしまいますね。

私も小さいころに線香の燃えているところをギュッと掴んでやけどしたことがあります。
あの時、たぶんやけどするだろうなと頭では分かっていましたが、それでも何故か触ってしまいました。小さい子の好奇心は本当にすさまじいです。

また、食べ物だと思って誤飲してしまうことも考えられます。
ちょっとだけなら中毒症状は出ないそうですが、さすがに蚊取り線香は食べてほしくないですよね。

なので、蚊取り線香を使う時は、お子さんの手の届かないところに置くべきですし、保管場所も目に見えないところにした方がいいと思います。

自由研究にも使える!手作り蚊取り線香の作り方

なんと、蚊取り線香は材料さえあれば、割と簡単に手作りできちゃいます。
周りに天然由来成分の蚊取り線香が売っていない時に自分で作ることもできますし、お子さんの夏休みの自由研究のネタにも使えます。

自由研究の流れは、

  1. まず目的を決めて、
  2. 実験してみて、
  3. 結果を書いて、
  4. 結果について考察する

というのが大雑把な流れです。

蚊取り線香の手作りをネタにするなら、

スポンサーリンク
  1. 蚊取り線香の仕組みを調べて、
  2. 実際に蚊取り線香を作って、それを使ってみて、
  3. どのくらい虫よけ効果があったか調べて、
  4. なんで効果があったのか調べて考えてみる

この通り。自由研究の完成です。
市販の蚊取り線香を使うよりも、手作りの物で実験した方が自由研究感が出ていいでしょう。

・・・ちょっと話がそれてしまいましたね。
では、そろそろ作り方を紹介します。

用意する材料

      ・除虫菊パウダー
      ・たぶ粉(お線香の本体の材料です)
      ・水
      ・材料を混ぜるための棒と入れ物

    この4つだけです。実にお手軽ですね。

    作り方

    1、材料を混ぜる

    まず、除虫菊パウダーとたぶ粉を1:1の割合、10gずつ混ぜます。
    はかりがあれば完璧ですが、無い場合は大さじスプーンを使っても大丈夫です。
    別にお菓子作りではないので、そこまで厳密じゃなくてもちゃんと物はできます。

    次に、水を少しずつ加えて、材料を練っていきます。
    伸ばしやすい硬さになるまで、水を加えて練っていきましょう。

    2、形を作る

    1の材料を手で細長くしていきましょう。
    手作りなので完成品の形はある程度自由に決められるのですが、ここは無難にうずまき形にした方がいいでしょう。
    ちなみに蚊取り線香がうずまき形なのには理由があって、場所を取らない上に長時間持つというメリットがあります。

    あと、うずまき形だと、誰が見ても蚊取り線香だと分かるので、イメージ的な面でもおススメですね。

    3、乾燥させる

    材料を細長くしてうずまき形に巻いたら、いよいよ最後のステップ、乾燥です。
    直射日光の当たらない風通しの良いところに4~5日くらい置いて、水分を飛ばしましょう。

    これで完成です!あとは実際に使ってみて、効果を試してみましょう。

    まとめ

    便利な蚊取りグッズはどんどん出てきますが、それでも蚊取り線香の人気は衰えることはありません。

    その人気の裏には、お子さんへの確かな安全性、そんなお子さんを持つお母さん方の熱い支持があるのかもしれません。

    スポンサーリンク