暑中見舞いを出せる時期はいつからいつまで?喪中や目上の人には?

この記事をシェアする

暑中見舞いには、実は期限があることをご存知でしたか?
それを知らずに暑中見舞いを出してしまい、時季外れの挨拶をしてしまって恥をかいたという人も少なくありません。

これから暑くなってくると、お中元のお返しや結婚の報告などで暑中見舞いを書く機会が増えてきます。
早すぎず遅すぎない、暑中見舞いを出す適切なタイミングを紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

暑中見舞いを出す時期に関しては、いくつかの説が出ています。
特に有名なのは、こちらの3つの説です。

  • 夏の土用(立秋前、約18日)から立秋の前日の間
  • 小暑(7月7日)から立秋の前日までの間
  • 梅雨明けから立秋の前日までの間
コラム立秋はその年によって日付が多少変わります。去年は8月7日が立秋でした。なので、立秋の前日=8月6日です。

こうして説を見てみると、「いつから出せばいい?」についてはだいぶアバウトなのが分かります。
ですが、「いつまで出せばいい?」については、3つの説すべてが立秋の前日までという解釈なので、そこは厳格なようです。

立秋を超えた後の季節の挨拶は、暑中見舞いではなく残暑見舞いになります。
最初の挨拶文や文末の日付(暑中見舞いは「盛夏」で、残暑見舞いは「晩夏」)が変わってくるので、使い回しはできません。そこは気を付けましょう。

point!暑中見舞いは「いつから」よりも、「いつまで」が大事。7月末あたりが個人的にベストなタイミング。

ここからは「いつから出せばいい?」に関する私の意見・・・

暑中見舞いは、日ごろなかなか会えない友人や恩人に、「最近暑いけどそっちは大丈夫ですか?」と近況を報告するためのものです。
なので、「いつから出せばいい?」と迷っている人に対しては、「暑くなってきたと思ったら出せばいいんじゃない?」というのが私の提案です。

ただし、九州や沖縄に住んでいる人が北海道や東北の人に暑中見舞いを出すときは要注意です。送り先の地方がまだ暑くないかもしれませんからね。

暑中見舞いを喪中の人に出しても良い?

もし送り先の人が喪中だったら、暑中見舞いは出しても良いのでしょうか?
年賀状は喪中の人には出せないというマナーがあるので、暑中見舞いの場合はどうなのか、不安な人もいると思います。

正解は、「送っても良い」です。
これには、年賀状と暑中見舞いの性質の違いが関係しています。

年賀状は、「新年あけましておめでとうございます」という挨拶です。つまりは「お祝いの言葉」です。喪中の人を祝うのはマナー違反ですね。

逆に、暑中見舞いは「最近暑いけどそっちは大丈夫ですか?」という挨拶です。これは相手を気遣うための挨拶であって、そこにお祝いの意図は基本的にはありません。
なので、喪中の人に送っても良いというわけです。

スポンサーリンク

ただし、いくら送っても良いとはいえ、ある程度のTPOはわきまえなくてはいけません。

具体的には、49日が過ぎていない相手、または49日が過ぎているかいまいち分からない相手に対しては、暑中見舞いは送らないほうがいいでしょう。
ただし、喪中の相手から暑中見舞いが届いたときは、返事をするのは失礼にあたりません。

また、暑中見舞いのデザインや暑中見舞いに書くイラストなども、派手なものではなく控えめな物を出すようにしましょう。

point!喪中の人に暑中見舞いを出すのはマナー違反ではない。ただし、相手を気遣う心は必要です。

もし自分が喪中だったら

上の通り、暑中見舞いの目的は相手を気遣うための挨拶です。なので、自分が喪中の時に相手に暑中見舞いを出すのも、マナー違反にはなりません。
ただ、自分の気持ちが落ち着くまではうまく文章をまとめられないでしょうし、無理に書く必要はありません。

送る相手が親しい人で、自分のことを心配していそうなときは、暑中見舞いに追加して近況報告をしてみるのはどうでしょうか?
自分が大丈夫だということをきちんと伝えれば、暑中見舞いをもらった相手も安心するはずです。

暑中見舞いを目上の人に出すときは

自分より立場が上の人に暑中見舞いを出すのも、マナー違反ではありません。

ですが、送る相手が偉ければえらいほど、たくさんの人から暑中見舞いをもらうことだと思います。
自分が暑中見舞いを出したことで、余計な手間をかけさせて迷惑になってしまうのではないかと考えることもあるかと思います。

そういう時は、暑中見舞いの最後に、「ご返事は不要です」といった一文を付け加えるのはどうでしょうか?
返事を催促しなければ、もらった相手もきっと気を遣わずに済むことでしょう。

まとめ

季節の挨拶は1年に1回しか書かない物なので、つい書き方を忘れてしまいがちです。
書き方を確認して、失礼のないように暑中見舞いを出したいですね。

スポンサーリンク