お中元を喪中の人に送るのは失礼?水引やお礼状はどうする?

この記事をシェアする

お中元を贈りたいけど、贈り先の家庭が喪中だった時。
本当にお中元を贈っても良いのでしょうか?

日本には1年を通して様々な行事がありますが、「喪中の相手への対応」に関しては行事ごとにバラバラで本当にややこしいです。
今回は夏の一大行事、お中元にフォーカスしていきましょう。

スポンサーリンク

お中元を喪中の相手に送るのは失礼か?

「喪中のお中元やお歳暮は贈るのも、いただくのもいけない」という説を聞いたことがあるかもしれません。
ですが、この説は間違いです。

お中元やお歳暮は、送った相手に感謝の気持ちを伝えるためのものです。
年賀状のように「おめでたい」というニュアンスは含まれていませんから、喪中の相手にお中元を贈っても失礼には当たりません。

ただし、贈りたい相手が四十九日の時は、贈るのを控えた方がいいでしょう。
いくらマナー違反ではないといっても、相手の気持ちを考えずにお中元を贈るのは、どう考えても失礼です。

そもそもお中元に限らず、相手の気持ちも考えずに物を贈るのは、人としていかがなものでしょうか。
そもそも、そんなものを「贈り物」といってよいのでしょうか?良くてお節介、悪く言えば邪魔です。

なので、贈りたい相手が四十九日の時は、贈る時期をずらしましょう。
贈る時期的に、「残暑お見舞い」や「寒中お見舞い」として贈ることになりますね。

point!お中元を喪中の相手に送るのは、失礼ではありません。
ですが、日頃の感謝を伝えるのに、わざわざ「お中元」にこだわる必要はありません。

喪中の相手に贈るお中元に水引は必要?

水引とは、下の写真のような赤や白のひもで出来た飾りのことです。
(これはお中元でなくて結婚祝の封筒ですが・・・)

スポンサーリンク

一般的によく見る赤と白のひもを使った水引は、お祝いの品に用いられるものです。(他にも使うひもの色によっていろいろな意味があるのですが、ここでは省略します)
喪中の相手を祝うことはマナー違反なので、この時点で赤白の水引を使うのは却下ですね。

また、水引には、「人と人を結び付ける」という意味が込められています。

生きている人と亡くなった人を結び付けるというのは・・・なんだか縁起のない話ですね。
なので、ひもの色に関わらず、喪中の相手へのお中元には水引を飾らないようにしましょう。

それと、水引について見逃しがちな点を一つ紹介します。
普通のお中元やお歳暮の「のし」には、既に紅白結びの水引が印刷されてしまっています。

なので、のしも水引のないデザインの物を選ぶようにしましょう。
もしどこにも売っていなかったら、白い無地の奉書紙に「お中元 〇〇(名前)」と書いても、のしとして使えます。

喪中の相手から贈られたお中元へのお返しはどうする?

お中元はお祝いではなく、送った相手に感謝の気持ちを伝えるためのものです。
なので、喪中の相手から贈られたお中元には、お返しをしても問題ありません。

ここで気を付けなければいけないのが、お返しの時に書くお礼状です。
相手が喪中だということを考えると、普段のお礼状とは違う文章が必要になってきます。
特に下の3つには気を付けましょう。

      ・相手をいつも以上に気遣う(例文・〇〇様がご逝去されまして、ご家族の皆様にはお寂しい日々にもかかわらずお気遣いを頂きまして、大変恐縮しております。)
      ・「おめでとう」や「祝」といった、お祝いを連想させる単語を使わない。
      ・亡くなった人への感謝の気持ちを表す(例文・〇〇様には、生前大変お世話になりました。)

まとめ

もしお中元を贈る相手、贈ってきた相手が近くにお住まいなら、お伺いして仏前にお参りするのも良いでしょう。

季節の節目に相手の健康を気遣うのが、本来のお中元やお歳暮の形といえます。

スポンサーリンク