打ち水はどの時間帯にやるべき?原理は?水道水を使っていいの?

この記事をシェアする

打ち水、やってますか?
最近はヒートアイランド現象という言葉が広まってきています。それもあってか、お手軽な納涼法である打ち水に関心が集まっています。

つい、真っ昼間に打ち水したくなる人もいるでしょう。
でもちょっと待ってください。打ち水には、やってはいけない時間帯があるのです。

スポンサーリンク

打ち水をやるべき時間帯は?

打ち水をやるべき時間帯を紹介する前に、打ち水をしてはいけない時間帯を紹介しなくてはなりません。

打ち水をしてはいけない時間帯とは

浴衣を着たお姉さんが打ち水をしているのを、テレビで見たことがある人もいると思います。
見栄えを重視しているのか、あの手のパフォーマンスは真っ昼間にやっていることが多いです。

ですが、それは大きな間違いです。
打ち水を一番やってはいけない時間帯というのが、太陽がギラギラに輝いている昼間のことなんです。

打ち水の習慣が始まったのは、江戸時代のこと。
そのころはアスファルトなんてものはなく、地面は土で出来ていました。土は夏の真っ昼間になっても、そこまで熱くなりません。

ですが、今の地面はほとんどがアスファルトで舗装されています。
ここで一つ問題です。夏の晴れた昼のアスファルトが、どのくらい熱いかはご存知ですか?

正解は、60℃を超えます。
アスファルトの質の悪さによっては、アスファルトの表面が溶け始めるほどの強烈な熱さです。

そんな熱いものに、冷たい水をかけたらどうなるでしょうか?
ムワっとした蒸気が大量に出てくるのが予想できます。夏場+ムワっとした蒸気の組み合わせなんて、考えるだけでも暑くなってきますね。

都市や国全体で同時に打ち水をするのなら、真っ昼間でも効果はあるでしょう。
ですが、少なくとも個人単位で打ち水をするときは、昼間にやるのは無意味どころか逆効果です。

point!晴れた日中に打ち水をすると、体感温度はかえって高くなる。

打ち水が効果的な時間帯とは

昼間に打ち水をしてはいけないことがわかりました。
つまり、昼間以外なら打ち水をしてよいということなんでしょうか?

その通りです。更に言うなら、打ち水をするのに最高の時間帯は下の2つです。

  1. 朝方の太陽が昇る時(事前に水を撒いておくことで、気温の上昇を抑えることができます)
  2. 夕方の太陽が沈む時(温まり切った地面の熱を早く冷まします)

打ち水をすると涼しくなる原理は?

水は蒸発するとき、周りの熱を奪う性質があります。
(小学校の理科の授業でも習いますね)

つまり、打ち水をすると、周りよりも涼しい空間が生まれるわけです。
では、暑い空気と涼しい空気がぶつかり合うと、何が起こるでしょうか?

正解は、風の流れが生まれます。
天気予報でよくある「高気圧と低気圧がぶつかるところは強風に注意しましょう」というのと同じ原理です。

打ち水をすることで生まれる風は、風速1m/秒にも届かないそよ風です。
(ちなみに、家庭用扇風機の「弱」の風速が約2m/秒です。そう考えると、本当にしょぼい風ですね)
ですが、風があるのと無いのとでは、体感温度がまるで変わってきます。

スポンサーリンク

あとは、「水=涼しい」というイメージを連想させるので、打ち水をすると気分的にも涼しくなります。

科学的根拠のない、馬鹿らしい話だと思いますか?
そんな人は、風鈴を思い出してみましょう。

別に周りを涼しくしているわけでは無いのに、風鈴の音を聞くだけでなんとなく涼しげな気分になりますよね。
イメージが持つ力は、非常に強力なのです。

point!打ち水は、科学的にも精神的にも涼しくなれる一石二鳥の納涼法。

打ち水するときの水は何を使えばいい?

打ち水用の水なんて何でもいい・・・と言ってしまえばそれまでなんですが。
いくら日本が水の豊かな国とはいえ、無節操に水道水をばらまくのはもったいない気がします。

打ち水は元々、使い終わった水の再生利用として考えられた手法です。

日本から遠く離れたアフリカでは、毎年のように水不足に悩まされています。
アフリカの人たちが打ち水のことを聞かされたときは、いったいどのような反応をしたでしょうか?

彼らは「水が勿体無い」と怒ることはありませんでした。
それどころか、「これなら水が汚いうちの国でもできるぞ!」と、打ち水を絶賛したそうです。

打ち水には、「水は貴重だから、最後まで有効利用しよう」という、日本のもったいないスピリットが詰まっているのです。

なので、キレイな水道水を使って打ち水というのは、流儀に反していると言えますね。
打ち水に適した水は、例えばこのようなものです。

      ・お風呂の残り水
      ・お米のとぎ汁
      ・エアコンから漏れてきた水
      ・貯めておいた雨水

    などなど・・・

言うまでもないですが、有毒性のあるものが混じった水を打ち水に使うのはやめましょう。

まとめ

打ち水は歴史や作法、気化熱や風の流れといった様々な要素が絡み合っています。
調べれば調べるほど、奥が深いことがわかります。

これって、お子さんの自由研究にもできると思いませんか?
考えるのがめんどくさい人は、打ち水をネタにするのはどうでしょう。

スポンサーリンク