夏バテと冷房症では原因も症状も違う!?対策はどうすればいい?

この記事をシェアする

クーラーのつけすぎは、体温の調節機能を狂わせてしまいます!

夏バテのようで夏バテとは違う病気、その名も冷房病(またの名をクーラー病)。
エアコンの普及率が上がるとともに生まれたこの病気は、現代人の悩みの種の一つになっています。

夏バテとはいったい何が違うのでしょうか?

スポンサーリンク

夏バテと冷房病の原因の違いとは?

夏バテの原因とは?

私たち人間の体は、体温調節をするためにエネルギーを使っています。
特に、真夏や真冬といった厳しい環境の下では、普段よりもはるかに多いエネルギーを消費します。その結果、体には大きな負担がかかります。

一時的に負担をかけるぐらいなら、ほとんど問題は起こりません。
私たちの体は、気温の変化に対しては案外丈夫にできています。

ですが、長い間ずーっと負担をかけ続けると、体が負担を処理しきれず、だんだん調子がおかしくなってきます。
この調子がおかしくなってる状態のことを「夏バテ」と言います。

冷房病の原因とは?

冷房病と夏バテの原因には、「体温調節がうまくできないことで起こる」という共通点があります。

逆に、冷房病と夏バテの原因の違いとは何でしょうか?
それは、夏バテは「暑すぎることで起こる病気」なのに対して、冷房病は「寒すぎることで起こる病気」だということです。

人の体は、夏には熱を逃がしやすく、冬には熱を逃がしにくくなるように出来ています。
本来であれば、この変化は四季に合わせてゆっくり行われるものです。

ところが、暑い屋外と涼しい屋内のように、急激に気温が変化するような場所を行き来すると、自律神経が季節を認識できなくなります。
「今は夏なの?それとも冬なの?」といった感じで、自律神経がどんな体を作るべきか混乱して、間違った指令を出してしまうのです。

人の体は、気温がたった5℃変わっただけで、自律神経と副交感神経のバランスが乱れ始めるのです。
季節の変わり目に体調を崩す人が多い理由でもあります。

日本の夏は暑いので、ついクーラーをガンガン効かせてしまいがちです。
夏の涼しい部屋はまさに天国ですが、体にとってはそうとは限らないのです。

夏バテと冷房病の症状の違いとは?

夏バテの代表的な3つの症状

  • 全身のだるさや食欲不振、下痢や便秘などの消化器官の不調
  • この中では特に食欲不振が危険です。夏バテは栄養を摂らない事には治しようがないからです。
    食欲不振は栄養不足にもつながるため、更に夏バテが悪化するという悪循環を引き起こしてしまいます。

  • 立ちくらみやめまい、吐き気や発熱
  • 夏バテになると自律神経が乱れるため、このような症状が起きるのです。

  • イライラや無気力、情緒不安定
  • 自律神経の乱れによって起こる症状の中には、肉体的な物だけではなく精神的な物も含まれています。

    スポンサーリンク

    恐ろしいことに、これらはうつ病の初期症状と似ています。
    夏バテが悪化してうつ病になるケースもあるため、注意が必要です。

冷房病の代表的な3つの症状

  • 手足の冷えや肩こり、腰痛
  • 体温調節がうまくいっていない証拠です。
    肩こりや腰痛が起こるのは、自律神経が「冬」だと認識しているせいで、筋肉が緊張しっぱなしだからです。

  • だるさや疲労感、食欲不振
  • これは夏バテと同じです。
    夏バテと冷房病はどちらも自律神経の異常によって起こる病気のため、自然と症状の傾向も似通ってきます。

  • 生理の乱れ
  • これは女性の方特有の症状です。
    体のホルモンバランスが乱れると、生理痛や生理の不順を招きます。

冷房病の対策はどうすればいい?

冷房病は体を冷やしすぎることで起こる病気です。
なので、自分の体を温めるしか対処法はありません。

エアコンの設定温度を上げることができればベストなのですが・・・
職場や家族と一緒の部屋だと、自分一人で勝手に設定温度を上げるのは難しいですよね。

個人単位で対策をするのが一番でしょう。

  • 上着
  • ジャケットやカーディガンといった、すぐに着替えられるものがいいでしょう。
    周りの人からは、「あの人夏なのに何枚着てるんだろう・・・」と思われるかもしれませんが、背に腹は代えられません。

  • 腹巻き
  • お腹は体の中心部です。
    体の冷えを感じやすいのは手や足の指先なので、ついそちらばかりを温めてしまいがちです。

    ですが、いくら末端部分を温めたとしても、体の中心部を温めなければ、根本的な解決にはならないのです。

  • ひざ掛け
  • 冷え性対策だけでなく、冷房症対策にもマルチに活躍してくれます。
    1年中常備してもいいくらいです。

まとめ

このように、冷房症と夏バテは似て非なるものです。
冷房病なのに夏バテ対策をしてしまっては、冷房症の解決はいつまで経ってもできません。

それっぽい症状が出たとき、自分は夏バテと冷房病のどちらなのかを把握することが重要です。

スポンサーリンク