お盆の迎え火と送り火の日にちはいつ?燃やすものや焚く場所は?

この記事をシェアする

皆さんは、お盆になったら迎え火や送り火を焚いていますか?

祖母が昔からの習慣にけっこうこだわる人なのもあって、私の家では、迎え火や送り火を焚くようにしています。

実は、迎え火や送り火にも、きちんとした作法があるのです。
これを知らないと、ご先祖様が家まで帰ってこれないかもしれません。

スポンサーリンク

お盆の迎え火と送り火の日にちはいつ?

お盆の迎え火は13日の夜に、送り火は16日の夜に行うのが一般的です。

お盆を行う時期は、地域によって異なります。
7月に行うところ(東京や静岡)もあれば、8月に行うところ(日本のほぼ全域)もあります。
珍しいところでは、”旧暦の”7月に行うところ(沖縄)もあります。

ただ、どの地域でも「迎え火は13日の夜」「送り火は16日の夜」というのは変わりません。
お住いの地域とカレンダーを照らし合わせて、しっかり日付を確認しましょう。
point!実際のところ、日付はそこまで厳密に決まっているわけではありません。
なので、「迎え火の日にちの都合はついたけど、送り火の時期がどうしても忙しくて・・・」という時は、日付が多少ずれ込んでも大丈夫です。

なぜ、迎え火や送り火は夜に焚く?

亡くなった人の霊は、昼よりも夜の方が活発になると考えられているためです。
(確かに、真っ昼間から元気な霊というのも、ちょっと想像できませんが・・・;)

太陽が沈んだ夜になってから、火を焚くのはそのためです。
外が暗い方が火の明かりが見えやすいですし、見栄え的な問題もあるのかもしれませんね。

お盆の迎え火や迎え火で燃やすものは?

迎え火や送り火で燃やすものは決まっていて、おがらを炮烙に入れて焚いてやるのが基本です。(おがらや焙烙については後ろの方で詳しく説明します)
地域によっては、おがらの代わりに松の木や白樺の皮、豆ガラなどをを焚くところもあります。

「マンションに住んでいるので、ちょっと火は使えない・・・」
「近所に怖い人がいて、何か言われそうで心配・・・」
そんなときも大丈夫。火を焚かなくても、ちょうちんで代用することもできます。

迎え火や送り火と同じように、ちょうちんの明かりにもご先祖様を導く力があるとされているからです。

おがらって何?

おがらは皮を剥いだ麻のことで、ホームセンターやお花屋さんに売られています。

麻は大昔から清浄な植物として大事にされており、悪いものを寄せ付けない力があるとされてきました。
また、おがらはよく煙を出して燃えるので、ご先祖様の道しるべになるともいわれています。

焙烙って何?

焙烙は「ほうろく」と読みます。
焙烙とは素焼きの大きなお皿のことで、仏壇店などでよく売られています。

スポンサーリンク

焙烙を使う宗教上の理由は、特にありません。
ただ単に「素焼きのお皿は耐熱性が高いから」使っているだけのようです。

普段の食器用のお皿は、燃えてるものを乗せられるような耐熱性はありません。
落としにくいスス汚れが大量にくっつきますし、最悪お皿が割れて使い物にならなくなります。
焙烙を食器用のお皿で代用するのは、やめた方がいいでしょう。

お盆の迎え火や送り火はどこで焚く?

大昔は、ご先祖様が眠るお墓の前で火を焚いていました。
しかし今ではその風習は廃れ、家の玄関前で火を焚くのが一般的となっています。

この時大事なのが、迎え火と送り火は同じ場所で行うということです。
迎え火を行った場所にご先祖様は帰ってくるので、送り火を別の場所でやったら、迷って帰れなくなってしまいますね。

「今年は忙しくて実家に帰れそうにないけど、それでも火を焚いていい?」

ぜひ焚いてください!
実家以外で迎え火や送り火を行っても、マナー違反にはあたりません。

たとえ自分の生まれ育った家で無いとしても、家族が自分の帰りを迎えてくれるのであれば、ご先祖様は喜ぶと思います。
礼儀やマナーも大事ですが、何よりもご先祖様を思う気持ちが大切です。

まとめ

最近は、送り火や迎え火をやらなくなった家庭も多いと聞きます。
合理的に見れば、迎え火や送り火なんて何の意味もない行為かもしれません。

ですが、それではあまりにも寂しすぎると思います。
ご先祖様への感謝の気持ちは、いつまでも忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク