お盆の時の仏壇へのお供え物は?金額の相場やお返しもチェック!

この記事をシェアする

お盆のお供え物には、マナーがあることはご存知でしたか?

お盆のお供え物は5種類あって、それぞれに意味があって・・・そこまで詳しく知っている人は少ないと思います。
ですが、このマナーを知らないままだと、親戚一同の前で恥ずかしい思いをするかもしれません。

ここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

お盆の時の仏壇へのお供え物は?

お盆の時は、五供(ごく)という5種類のお供えをするように決められています
それぞれのお供え物には意味やタブーがあるので、一つずつ確認していきましょう。

五供の内容

  1. お香
  2. お線香のことです。
    お線香は普段から仏壇にお供えする物ですが、お盆の時も欠かさずにお供えするようにしましょう。

    お線香の香りには、「ご先祖様の霊を、仏様がいる悟りの世界へ導くものである」という言い伝えがあります。

  3. 明かり
  4. ろうそくのことです。
    ろうそくの明かりには、「悪い煩悩をかき消し、明るい悟りを見出す」力があるとされています。

    また、ろうそくやお線香の火を消すときは、手やうちわで扇ぐようにしましょう。
    息を吹きかけて火を消すのはマナー違反です。神聖な仏様に対して息を吹きかけるのは、大変失礼な行為だとされているためです。

  5. お花
  6. お盆にお供えするお花は、白や黄色などの明るい色が縁起がいいとされています。
    菊やシキミやグラジオラスなどが、お供え用の花としては一般的です。

    逆に、飾るのを避けた方が良いお花もあります。

    • トゲのある花(バラなど)
    • 香りの強い花(ユリなど)
    • 毒のある花(スズランなど)
    • つるに咲く花(クレマチスなど)
    これらはお供えにふさわしくないとするのが一般的です。

    また、「花がボトっと落ちる=縁起が悪い」とされているツバキ、喪服のような暗い印象を与える黒い花も控えるようにしましょう。

  7. お水
  8. 水道水やお茶のことです。このとき、中身は毎日取り換えるようにしましょう。
    キレイな水には、「心」も清める効果があると考えられています。何日もほったらかしてよどんだ水では、心も濁ってしまいます。

  9. 食べ物
  10. お盆には落雁(らくがん)と呼ばれる砂糖菓子をお供えします。
    毎年お盆の時期になれば、スーパーなどでも売られているはずです。

    普段食べているものやご先祖様が好きだったものを供えるのもよいでしょう。
    ご先祖様から喜んでもらえるのが一番です。

    ただし、肉や魚などの生臭いものは、仏教で禁じられている「むやみな殺生をしない」に触れてしまうので、お供えするのはやめた方がいいでしょう。

    また、お酒やコーヒーなども、宗派によっては「ふさわしくない」とされることもあります。
    自分の地域のお寺さんに、お供えしても大丈夫かどうかを確認してからの方が無難でしょう。

    お盆のお供え物の金額の相場は?

    上の五供を全部合わせて、3,000~5,000円程度の金額に収めるのが一般的です。

    スポンサーリンク

    ちょっとくらいはオーバーしても構いませんが、お盆のお供えは毎年続く行事です。

    一旦金額のグレードを上げてしまうと、次の年からまた下げるというのは気分的に難しいと思います。
    自分にとって無理のない範囲で行うようにしましょう。

    「うちの実家は毎年たくさんのお供えを頂いているので、品物を贈るのはちょっと迷惑かも・・・」
    そういう時は相手への気遣いとして、品物ではなく現金を包むこともできます。

    現金を包む場合も、金額の相場は一緒です。
    「御仏前」や「御供物」として、3,000~5,000円くらいの金額を包んでやるのがいいでしょう。

    お盆のお供え物にお返しは必要?

    他の方からお供えを頂いたときは、お返しをするのが普通です。
    同じ時期の「お中元」とマナーが混ざりやすいので、そこは要注意です。

    http://desertroman.com/436.html
    (こちらの記事でも触れていますが、お中元にお返しをする必要は”マナー上は”ありません)

    お返しの品物の金額は、頂いた品物の半額程度が良いとされています。(通称・半返し)

    ただ、無理に半返しにこだわる必要はありません。

    • いろんな方面からお供えの品物を頂いているので、お返しする数が多い時
    • 数千円もするような高いお供え物を頂いた時
    こういったときは、半額よりももう少し安くした方が良いでしょう。
    どうしてもお金が足りない時は、お返しの品物ではなく、手紙だけを送るのも一つの手です。

    「高いものを頂いたのに、安物をお返しするのはちょっと・・・」と思うかもしれません。
    ですが、あまり無理をして高価なお返しをしても、もらった側としては相手の懐事情を心配せざるを得なくなります。

    自分も負担が少なくて済むし、相手も心配しないで済む。
    誰も損をしません。そんなWIN,WINの関係を築けるのが、半返しなのです。

    まとめ

    お盆のお供え物について、何が良くて何が悪いのかは宗派によって異なります。

    自分の家で信じている宗派では良いことでも、よそからしてみれば非常識ととられることもあります。
    不安な時は、一度確認を取ってからの方が良いでしょう。

    スポンサーリンク