お盆の海には幽霊が出る!?危険な本当の理由は?釣りもNG?

この記事をシェアする

「お盆の海には近づくな」
という言い伝えを聞いたことはありませんか?

私も、祖母から毎年のように言われてきました。
ただ、その理由が「幽霊から連れていかれる」という物だったので、ちょっと前までは田舎特有の迷信だと思っていました。

でも、「お盆の海は幽霊が出るから危険」というのは、全国的に結構有名な言い伝えのようです。
今回は、ちょっとホラーな話をお届けします。

スポンサーリンク

お盆の海には幽霊が出る?

お盆になると、地獄の釜の蓋が開くという言い伝えがあります。
地獄の釜の蓋とはあの世とこの世の境界線のようなもので、それが開くということは、霊の行き来が活発になるということです。

「あの世とこの世の中継点」は、どこにあるのでしょうか?
私は今までお墓のことだと思っていましたが、どうやら違うようです。
仏教的には、「あの世とこの世の中継点=海」なんだそうです。

私はこの説を見たとき、すごく納得しました。
なぜなら、私自身が一度そういう体験をしたからです。

お盆の海で「見えた」ときの話

昔、ちょうどお盆の時期に友人とドライブをしていたんですね。
帰り道、海の近くの道路を走っていました。あの時は、真っ暗な夜だったのを覚えています。

その時の会話

  • 友人「やべ、とりつかれたかもしれん」
  • 私「とりつかれたって、幽霊でもいたの?」
  • 友人「そんな気がする。そっちは何も感じなかった?」
  • 私「私の方は何も・・・(私は霊感がさっぱりありません)」
  • 友人「そうか。でも、帰ったら一応塩まいといた方がいいぞ。」
会話終わり

友人に言われた通り、帰った後は塩をまいておきました。
それもあってか、特に不幸な出来事が起こることはありませんでした。

友人は昔から、幽霊にとりつかれやすい体質でした。
彼も私の祖母と同じく、「お盆の海は危ないから近寄るな」と言っていました。

こういう経験もあってか、私は「海と幽霊」の話を迷信とは思えないのです。

お盆の海が危険な本当の理由

ここまではオカルトチックなお話をしてきました。
ですが、それ以外にもお盆の海が危険な理由があるのです。

クラゲの大量発生

お盆の時期は、何故かクラゲが大量発生することで知られています。
なんでも、クラゲの成長にとって丁度いい水温になるのが、お盆明けの時期なんだとか。

クラゲの中には、毒を持った種類もかなり多いです。
ちょっとかゆくなる程度の毒しか持たないヤツもいれば、命に関わるほどの猛毒を持ったヤツもいます。

お盆の時期の海の中は、そんな連中がうようよ生息しているのです。
そんな危険な場所にわざわざ行く必要はありません。海に行きたいのなら、もう少し早い時期の方が安全です。

・・・ちなみに、クラゲと水温の因果関係が分からなった昔の人は、「クラゲ=成仏できなかった霊の化身」と考えていたそうです。
(今でもこの言い伝えは割と有名ですが)

水草の大量発生

海が暖かくなって喜ぶのは、クラゲだけではありません。
水草が一番成長するのも、お盆の時期なのです。

スポンサーリンク

水草が足に絡まって、そのまま溺れた・・・というケースが毎年のように発生しています。
水草で見えないところに毒クラゲが潜んでいる可能性だって、ないとは言えないのです

大波の発生

お盆の時期は台風が大量発生するのもあって、いつもより大きな波ができやすいです。
この巨大な波は「土用波」と呼ばれ、普通の波の3倍近くの大きさになることもあります。

サーファーや水泳選手などの海に慣れ親しんだ人でも、一瞬で飲み込んでしまう土用波。
私たち一般人にとっては、なおさら脅威と言えます。

お盆の海では釣りもNG?

釣りが趣味の方は、「お盆は釣りをしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか?

お盆の海は、幽霊だったり大波だったりで確かに危険です。
ですが、お盆に釣りをしてはいけない理由はもう一つあります。それは、「むやみな殺生をしてはいけない」という仏教の教えです。

まあ、「むやみな殺生をしてはいけない」というのは、何もお盆の時期に限った話では無いのですが・・・
お盆の時期くらいご先祖様に手を合わせてやりなさい」という、いましめの意味もあるのかもしれません。

釣り以外にも・・・

釣り以外のことでも、むやみな殺生は控えるべきです。
例えば・・・

  • 庭の木の剪定(せんてい)や、果実の間引き
  • 害虫も含めた虫の駆除
  • セミやカブトムシなどの採取
このあたりが、「むやみな殺生」にあたる行為です。

お盆は霊の行き来が活発になるということで、仏教でいうところの生まれ変わりも活発になるんだそうです。
誰の魂が乗ってるか分からないから殺してはいけない」というのが、仏教の教えです。

まとめ

こうしてみると、お盆の海が危険な理由は、半分くらいはオカルトチックな話だったりします。
所詮、科学的根拠のない迷信なのかもしれません。

ですが、実際にお盆の時期には、水難事故が多発しています。
経験した人の話を聞くと、「何かに引きずり込まれた」「黒いうずまきが見えた」という奇妙な体験をしたそうです。

・・・これでも本当に、迷信だと言えるのでしょうか?

スポンサーリンク