「 体の健康 」一覧

おたふく風邪の予防接種は大人も受けるべき?副作用や効果期間は?

おたふく風邪の予防接種は大人も受けるべき?副作用や効果期間は?

子供の病気というイメージが強いおたふく風邪。 ですが、最近は大人がおたふく風邪にかかるケースが増えています。 感染症を防ぐための対策といえば、まず最初に予防接種が挙げられます。 ですがおたふく風邪の予防接種は子供のうちに済ませておいた方がほとんどでしょうし、どうすべきなのか迷うところです。 おたふく風邪の予防接種は、大人になってからも受けるべきなんでしょうか?

腱鞘炎に湿布は効果がある?治療は温めるべき?完治までの時間は?

腱鞘炎に湿布は効果がある?治療は温めるべき?完治までの時間は?

腱鞘炎は関節を動かす筋肉である「腱」の炎症のことで、指や腕を酷使することによって発症します。 手が使えなくなるというのは日常生活に致命的な悪影響を及ぼすため、一刻も早く治したいところです。 早く治す手段の代表的な物といえば湿布ですが、腱鞘炎には湿布を使うべきなんでしょうか? それとも、湿布を使うと症状が悪化してしまうのでしょうか?

こたつで寝るとなぜ風邪を引く?他のデメリットは?電源を切ればいい?

こたつで寝るとなぜ風邪を引く?他のデメリットは?電源を切ればいい?

日本の冬といえばこたつ。皆さんは使うでしょうか? こたつは恐ろしいです。一度入るとなかなか出られなくなりますし、そのまま眠くなってしまうことだってあります。 ですが、本当に寝てしまう前に知るべきことがあります。 実は、こたつで寝てしまうのには、かなりの危険が潜んでいるのです。

鼻の中の乾燥を改善する薬や栄養とは?血が出るのは病気なの?

鼻の中の乾燥を改善する薬や栄養とは?血が出るのは病気なの?

空気が乾燥しやすい夏や冬が近づいてきましたが、乾燥肌対策はバッチリでしょうか? ですが、鼻の中の粘膜も乾燥に弱いというのはご存知でしたか? 鼻の中の乾燥が原因の鼻炎は「ドライノーズ」と呼ばれ、乾燥に弱い人の悩みの種となっています。 毎年同じ時期に鼻炎になるのは非常に嫌な気分になりますし、何とか対策をして発症を回避したいところです。 今回は、鼻の中の乾燥を改善するための対策を紹介していきます。

喉の乾燥が辛い時の対処法は?ハチミツは効果的?寝る前に何すべき?

喉の乾燥が辛い時の対処法は?ハチミツは効果的?寝る前に何すべき?

喉が乾燥してヒリヒリしたり、咳が止まらなかったり・・・ そんな症状で悩んでいませんか? 特に乾燥しやすい季節が冬、次いでエアコンの使用頻度が高い夏。 油断するとすぐに喉が乾燥して痛くなってしまうため、それを防ぐために対策が必要になります。 では、実際にどのような対策をすればいいのでしょうか? 今回は、喉の乾燥への対処法を紹介していきます。

インフルエンザの予防接種は行うべき?ベストな時期や副作用って?

インフルエンザの予防接種は行うべき?ベストな時期や副作用って?

冬はインフルエンザの流行期です。 学校や会社でも話題になりますし、インフルエンザの予防接種を受けに行く人も多いことでしょう。 ところが、インターネットでは「予防接種はやるべき」「やらなくてもいい」という2つの声が。 発言の根拠を見てみると、どちらの意見も筋が通っているように見えます。 インフルエンザの予防接種は、果たして行うべきなのでしょうか?

台風が近づくと体調不良になる原因や対策は?犬や猫も体調を崩す?

台風が近づくと体調不良になる原因や対策は?犬や猫も体調を崩す?

私は台風が近づくと、息苦しさやめまいを感じます。 この記事を見ている人の中にも、同じ症状で悩まされている人は多いのではないでしょうか? 日本人だけでも1,000万人を超える人が、台風によって何らかの体調不良を起こすと言われています。 ですが、「なぜ?」と聞かれると、理由が分からない人が大半です。ただ「台風の時期になると体調が悪くなる」という認識をしている人がほとんどです。 なぜ、台風が近づくと体調が悪くなるのでしょうか? そのメカニズムを解説していきます。

蚊取り線香は蚊以外にも効果がある?ペットやアレルギーへの影響は?

蚊取り線香は蚊以外にも効果がある?ペットやアレルギーへの影響は?

日本の夏を乗り切るための必需品、蚊取り線香。 名前こそ「蚊」取り線香ですが、効果を発揮するのは蚊だけなんでしょうか? もしかしたら他の動物にも影響があるかもしれませんし、ペットを飼っている人なんかは特に気になることだと思います。 蚊取り線香の毒は、どんな生物に効くのでしょうか?

低血圧の改善に運動が良い理由は?リラックス過剰が危険?

低血圧の改善に運動が良い理由は?リラックス過剰が危険?

頭痛やだるさといった、面倒な症状を引き起こす低血圧。 なった人にしか分からないあの辛さ。一刻も早く、そんな状態から抜け出したいですよね。 低血圧は決して不治の病などではありません。すでに様々な治療法が確立されている、直すことのできる病気です。 今回はそんな数々の治療法の中から、「運動」をピックアップしていきます。 低血圧の改善のためには、どんな運動をしたら良いのでしょうか?

低血圧の基準値はどれくらい?原因はなに?貧血との関係はある?

低血圧の基準値はどれくらい?原因はなに?貧血との関係はある?

「朝起きるのがつらい」「仕事中に急に立ちくらみが・・・」 もしかしたら、その症状は低血圧のせいかもしれません。 実は、私自身も数値上は低血圧です。 ですが、世間一般でいう低血圧の症状はありません。同じく低血圧気味の母に、よく不思議がられます。 そもそも、どれくらいの血圧になったら低血圧になるのでしょうか? 症状が出る人と出ない人、その違いは何なのでしょうか?