「 夏の行事 」一覧

蚊に刺された時のかゆみを早く治す方法は?長引くときはどうする?

蚊に刺された時のかゆみを早く治す方法は?長引くときはどうする?

夏は蚊がうっとうしくなる季節です。 特に活発なのが夜の時間で、朝起きたら腕や足に虫刺されが・・・なんてことは日常茶飯事です。 虫刺されを放置しておくとかゆみで集中できないですし、何より腫れの跡が残ってしまうのが厄介です。 夏はなにかと肌をさらす機会が多いですし、傷のついた体をさらけ出すのは抵抗がありますよね。 虫刺されのかゆみや腫れを抑えるには、どんな方法があるのでしょうか?

日射病と熱中症の違いはなに?頭痛が起こる理由って?

日射病と熱中症の違いはなに?頭痛が起こる理由って?

夏の日差しを浴びて体調を崩すのは日射病でしょうか? それとも熱中症なのでしょうか? 日射病と熱中症、どちらも夏になると増えてくる病気です。 ですがわざわざ分けられているくらいですし、対策なども違ってくるのかもしれません。 日射病と熱中症には、どんな違いがあるのでしょうか?

日焼けの改善や悪化の効果がある食べ物って?時間帯も関係がある?

日焼けの改善や悪化の効果がある食べ物って?時間帯も関係がある?

日焼け対策といえば日焼け止めを塗るのが一般的ですが、実は食べ物に気を遣うことでも日焼けを予防できるのです。 降り注ぐ日差しは年を追うごとに強烈になっていく気がしますし、日焼け止めを塗っていても肌が焼けてしまいます。 これからも日差しが強くなる傾向は続くでしょうし、対策のための手段は多いに越したことはありません。 今回は厳しい夏を乗り切るための「食べる日焼け対策」について紹介していきます。

紫外線が目の病気の原因になる?目の色との関係は?対策はどうする?

紫外線が目の病気の原因になる?目の色との関係は?対策はどうする?

今年の夏も日差しが強くなりそうですし、紫外線対策はバッチリでしょうか? 紫外線対策として肌に日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人も多いと思います。 もちろんこれらの対策も有効なんですが、肝心なところを守れていません。 それは「目」です。 実は、目は紫外線の影響を非常に受けやすい、デリケートな部位なのです。 紫外線と目には、いったいどんな関係があるのでしょうか?

プールや海の中でも熱中症になる原因は?プール熱との違いや対策は?

プールや海の中でも熱中症になる原因は?プール熱との違いや対策は?

日本の夏は暑いですし、海やプールで水浴びをする機会も多くなります。 強烈な紫外線から身を守るための日焼け対策も必要ですが、熱中症にも注意しなくてはいけません。 海やプールの中は冷たいので安心と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 熱中症で搬送されている人の中には、水辺で熱中症を発症したという人も多くいます。 なぜ、水中でも熱中症になる危険があるのでしょうか?

熱中症の時に冷やす場所や時間を紹介!治療に解熱剤は必要なの?

熱中症の時に冷やす場所や時間を紹介!治療に解熱剤は必要なの?

温暖化が進んでいるのもあってか、最近は5月頃から真夏日が観測されています。 こんな状態では、いつ熱中症になる人がでてもおかしくはありません。 ところで、熱中症の正しい応急処置のやり方はご存知ですか? 適切な処置を行えばより早く症状を回復させることができます。ですが、その逆にも同じことが言えます。 いざという時に慌てないためにも、正しい知識を身に着けておきましょう。

汗とダイエットには関係はある?夏と冬のどっちが痩せやすい?

汗とダイエットには関係はある?夏と冬のどっちが痩せやすい?

夏は汗をたくさんかきますし、あわよくばこれでダイエットを・・・と考える人もいると思います。 ですが、ダイエットはそんなに簡単な物なのでしょうか? 本当に汗をかくだけで痩せられるのであれば、世界中の人はもっとげっそりしているはずです。 汗をたくさんかいたから痩せたのか、それとも違う要素が絡んでいるのか。 今回は、気になるダイエットのメカニズムを紹介していきます。

日焼け止めの効果的な塗り方や塗り直し方は?落とし方はどうする?

日焼け止めの効果的な塗り方や塗り直し方は?落とし方はどうする?

夏の強烈な紫外線を防ぐためには、日焼け止めは欠かせません。 外出する人に限らず、屋内で活動するときも(場所によっては)日焼け止めが必要です。 私たちの体は、ほんの数分日光にさらされるだけで焼け始めてしまうのです。 使い方を間違った日焼け止めは、何の役にも立ちません。 今回は日焼け止めの塗り方や塗り直しのタイミング、落とし方までの一連の流れを紹介していきます。

夏バテに効くお風呂の温度や時間は?夏にシャワーだけは体にいい?

夏バテに効くお風呂の温度や時間は?夏にシャワーだけは体にいい?

お風呂の入り方をちょっと工夫するだけで、夏を乗り切る強い体を作ることができます。 寒い冬に体を温めるだけがお風呂の役割ではありません。お風呂のメリットが輝くのは、むしろ暑い夏のほうです。 夏バテ対策に最適なお風呂の温度や入る時間は、いったいどのくらいなのでしょうか?

熱中症による尿量減少は膀胱炎を招くサイン!尿の色で判断できる?

熱中症による尿量減少は膀胱炎を招くサイン!尿の色で判断できる?

音もなく忍び寄ってくる熱中症かどうかを判断する材料は、汗の量や体温だけとは限りません。 熱中症になると、尿の質や量にも異変が起こるのです。 夏場の尿に変化が起こる理由は、体内の「あるもの」が不足しているためです。 熱中症と尿には、どんな関係があるのでしょうか?