「 熱中症・脱水症状 」一覧

日射病と熱中症の違いはなに?頭痛が起こる理由って?

日射病と熱中症の違いはなに?頭痛が起こる理由って?

夏の日差しを浴びて体調を崩すのは日射病でしょうか? それとも熱中症なのでしょうか? 日射病と熱中症、どちらも夏になると増えてくる病気です。 ですがわざわざ分けられているくらいですし、対策なども違ってくるのかもしれません。 日射病と熱中症には、どんな違いがあるのでしょうか?

プールや海の中でも熱中症になる原因は?プール熱との違いや対策は?

プールや海の中でも熱中症になる原因は?プール熱との違いや対策は?

日本の夏は暑いですし、海やプールで水浴びをする機会も多くなります。 強烈な紫外線から身を守るための日焼け対策も必要ですが、熱中症にも注意しなくてはいけません。 海やプールの中は冷たいので安心と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 熱中症で搬送されている人の中には、水辺で熱中症を発症したという人も多くいます。 なぜ、水中でも熱中症になる危険があるのでしょうか?

熱中症の時に冷やす場所や時間を紹介!治療に解熱剤は必要なの?

熱中症の時に冷やす場所や時間を紹介!治療に解熱剤は必要なの?

温暖化が進んでいるのもあってか、最近は5月頃から真夏日が観測されています。 こんな状態では、いつ熱中症になる人がでてもおかしくはありません。 ところで、熱中症の正しい応急処置のやり方はご存知ですか? 適切な処置を行えばより早く症状を回復させることができます。ですが、その逆にも同じことが言えます。 いざという時に慌てないためにも、正しい知識を身に着けておきましょう。

熱中症による尿量減少は膀胱炎を招くサイン!尿の色で判断できる?

熱中症による尿量減少は膀胱炎を招くサイン!尿の色で判断できる?

音もなく忍び寄ってくる熱中症かどうかを判断する材料は、汗の量や体温だけとは限りません。 熱中症になると、尿の質や量にも異変が起こるのです。 夏場の尿に変化が起こる理由は、体内の「あるもの」が不足しているためです。 熱中症と尿には、どんな関係があるのでしょうか?

熱中症対策の飲み物で何がおススメ?ダメな物は?適温は何度?

熱中症対策の飲み物で何がおススメ?ダメな物は?適温は何度?

日本は、外国から来た人がうなるほど強烈に暑い国です。 毎年のように熱中症で亡くなる人がニュースで報道されていますし、こちらも他人事ではいられません。 熱中症対策で重要になるのは、日々の水分補給です。 正しい水分補給を知って、熱中症を防ぎましょう。

脱水症状のセルフチェックの方法を紹介!原因はなに?放置は危険?

脱水症状のセルフチェックの方法を紹介!原因はなに?放置は危険?

脱水症状がもたらす悪影響は、頭痛や吐き気といった症状だけだと思っていませんか? そうではありません。脱水症状の中には、自覚症状が無いままに進んでいくものもあります。 脱水症状は重症化した場合、命の危険を伴うこともある大変危険な症状です。甘く見ていいものではありません。 セルフチェックをすることで、体に水分が足りているかどうかを確認することができます。 特に、夏場は水分不足になりやすいので、こまめなセルフチェックを心掛けましょう。