「 秋の行事 」一覧

七五三の着物の色合わせはどうすべき?色無地やお下がりでもいいの?

七五三の着物の色合わせはどうすべき?色無地やお下がりでもいいの?

七五三は一生に2回の晴れ舞台、大人の私たちがより良い着物を見繕ってあげたいところです。 ですが、普段から着物を着こなしている人でもなければ、どんな色の着物を着せればいいかなんて分かりませんよね。 更に言えば「無地の着物はダメなの?」「お下がりは?」といった疑問もあると思います。 今回は七五三の着物に関する、様々な疑問を解決していきます。

サツマイモの皮は食べるべき?栄養はある?赤ちゃんは大丈夫?

サツマイモの皮は食べるべき?栄養はある?赤ちゃんは大丈夫?

秋はいろんな食べ物が美味しい季節です。 サツマイモが収穫されるのもこの季節。店には鮮やかな紫色の大きなサツマイモがずらりと並びます。 ところで皆さん、サツマイモの皮は食べていますか?それとも捨てていますか? 大抵の食べ物は皮をむいてから食べますし、わざわざ皮を食べる人はいないかもしれません。 そうだとしたら勿体無いです。 実は、サツマイモの皮には意外にも豊富な栄養が含まれているのです。

ハロウィンっていつからいつまで?どこ由来?カボチャを使う理由は?

ハロウィンっていつからいつまで?どこ由来?カボチャを使う理由は?

秋の恒例行事といえば、代表的なのがハロウィンです。 ここ最近は日本でも盛んになっており、全国各地で仮装やパーティーが行われています。 今回はそんなハロウィンの時期や起源、歴史のことを紹介していきます。 ハロウィンとは、元々はどんな行事だったのでしょうか?

銀杏の食べ過ぎは中毒になる?何個くらい食べてから?対処法は?

銀杏の食べ過ぎは中毒になる?何個くらい食べてから?対処法は?

秋が近づくとだんだんおいしくなってくるのが銀杏です。 銀杏は串焼きにしても美味しいですし、素揚げにして塩で食べるのもなかなか。 そんな銀杏ですが、昔から「食べ過ぎはよくない」とよく言われています。 その理由は何なのでしょうか?今回は、それを徹底解説していきます。

サンマの旬の時期はいつからいつまで?見分け方や寄生虫も紹介!

サンマの旬の時期はいつからいつまで?見分け方や寄生虫も紹介!

「秋刀魚」とかいてサンマ。皆さんはサンマは好きですか? 刺身も美味しいですが、やっぱりおいしいのは塩焼き。 あれをご飯と一緒にかき込むのが最高です。おかげで秋は少し太ってしまいますが・・・ そんなサンマの旬の時期って、いったい秋のいつ頃なんでしょうか? 美味しいサンマの見分け方や寄生虫対策も併せて紹介していきます。

きのこの栄養の効能は?賞味期限はどれくらい?腐るって本当?

きのこの栄養の効能は?賞味期限はどれくらい?腐るって本当?

料理のちょっとしたアクセントや、時には主役として。 私たちの食生活には、きのこは欠かすことはできない食材です。 しいたけにエノキ、まいたけにブナシメジ。日本では季節を問わず、様々な種類のきのこが出回っています。 そんなきのこですが、最近は栄養食品として注目され始めているのはご存知ですか? 今回は、身近なのに意外と知られていないきのこの秘密を公開します。

栗の皮の簡単なむき方を紹介!保存法や賞味期限もチェック!

栗の皮の簡単なむき方を紹介!保存法や賞味期限もチェック!

秋に旬を迎える食べ物の1つである栗。 この時期は実家から貰うなり栗拾いに行くなどして、皮がむかれていない栗を手にする機会も多いと思われます。 栗を食べるためにはまず皮をむかなければなりません。当然ですね。 ですが栗の皮は非常にむき辛く、何の対策もしないで簡単にむけるものではありません。 つまり、対策をすれば簡単に皮をむけるということです。 今回は、そんなとっておきの皮むき法を紹介します。

敬老の日のプレゼントにおすすめのお菓子は?手作りはどう?

敬老の日のプレゼントにおすすめのお菓子は?手作りはどう?

敬老の日のプレゼントに、お菓子を贈るのはどうでしょうか? 手作り小物や感謝の言葉を書いたメッセージカードと並び、敬老の日のプレゼントとして人気があるのがお菓子です。 お菓子のような消え物のプレゼントだともらった側も気をあまり使わなくて済みますし、貰う方も気が楽です。 せっかくのプレゼントの機会なので、できるだけ喜ばせてあげたいものです。 いったいどんなお菓子を送るのがいいのでしょうか?

七五三って喪中の場合はどうする?神社へのお参りや写真撮影はNG?

七五三って喪中の場合はどうする?神社へのお参りや写真撮影はNG?

親しい人の死というのは、ある日突然にやってきます。 縁起でもない話ですが、その日が明日で無いとは限らないのです。 喪中と行事の時期が重なった場合、どのような対応を取らなければいけないかは行事によって異なります。 あれはOK、これはダメ・・・というように、いいことと悪いことの境界線があやふやで非常に分かりにくいです。 喪中の時の七五三は、どうやって行うのが正解なのでしょうか? そもそも、喪中に七五三を行っていいものなんでしょうか?