紙魚は噛んでくる害虫なの?どこから来る?畳に生息する理由は?

紙魚は噛んでくる害虫なの?どこから来る?畳に生息する理由は?

紙魚はその気持ち悪い見た目から、「不快害虫」に分類される虫です。 言われてみれば、最強の害虫と名高いゴキブリに似てなくもありません。この2匹が並び立つのを想像するだけで、虫嫌いの私はとても気持ちが悪くなります。 この紙魚、果たして気持ち悪いだけなんでしょうか? 刺したり噛んだりはしてこないんでしょうか?

脱水症状のセルフチェックの方法を紹介!原因はなに?放置は危険?

脱水症状のセルフチェックの方法を紹介!原因はなに?放置は危険?

脱水症状がもたらす悪影響は、頭痛や吐き気といった症状だけだと思っていませんか? そうではありません。脱水症状の中には、自覚症状が無いままに進んでいくものもあります。 脱水症状は重症化した場合、命の危険を伴うこともある大変危険な症状です。甘く見ていいものではありません。 セルフチェックをすることで、体に水分が足りているかどうかを確認することができます。 特に、夏場は水分不足になりやすいので、こまめなセルフチェックを心掛けましょう。

アブラムシの対策に牛乳は効果的?木酢液や熱湯はどうなの?

アブラムシの対策に牛乳は効果的?木酢液や熱湯はどうなの?

知らないうちに増殖する家庭菜園の天敵、アブラムシ。 駆除するには農薬を使うのが手っ取り早いのですが、無農薬にこだわりたい人も多いと思います。 ネットでは、アブラムシ駆除に関する様々な情報があふれかえっています。 今回は、身近な物を使った害虫対策を紹介したいと思います。

低血圧の改善に運動が良い理由は?リラックス過剰が危険?

低血圧の改善に運動が良い理由は?リラックス過剰が危険?

頭痛やだるさといった、面倒な症状を引き起こす低血圧。 なった人にしか分からないあの辛さ。一刻も早く、そんな状態から抜け出したいですよね。 低血圧は決して不治の病などではありません。すでに様々な治療法が確立されている、直すことのできる病気です。 今回はそんな数々の治療法の中から、「運動」をピックアップしていきます。 低血圧の改善のためには、どんな運動をしたら良いのでしょうか?

低血圧の基準値はどれくらい?原因はなに?貧血との関係はある?

低血圧の基準値はどれくらい?原因はなに?貧血との関係はある?

「朝起きるのがつらい」「仕事中に急に立ちくらみが・・・」 もしかしたら、その症状は低血圧のせいかもしれません。 実は、私自身も数値上は低血圧です。 ですが、世間一般でいう低血圧の症状はありません。同じく低血圧気味の母に、よく不思議がられます。 そもそも、どれくらいの血圧になったら低血圧になるのでしょうか? 症状が出る人と出ない人、その違いは何なのでしょうか?

海水浴で危険なクラゲの発生時期は?刺された時の対策はどうする?

海水浴で危険なクラゲの発生時期は?刺された時の対策はどうする?

海水浴は楽しいですが、一方で様々な危険が潜んでいます。 その危険の一つが、クラゲです。 透明で見えにくいうえに、刺されると非常に痛いです。おまけに跡も残ります。 私の親戚の中にも、毒クラゲに刺されて1か月も病院通いをするハメになった人がいます。 クラゲには、大量発生する時期というものがあります。 危険を避けるためにも、自己防衛をしておきましょう。

赤ちゃんの海水浴は何歳から?時間帯は?アトピーの子はどうする?

赤ちゃんの海水浴は何歳から?時間帯は?アトピーの子はどうする?

夏休みはお子さんと一緒に、海水浴にでかける方も多いことでしょう。 私も家が海に近かったので、小さい頃はよく海水浴に連れて行ってもらいました。 私は、3歳の時が初の海デビューでした。 ただ、近所の人に聞くと、もっと小さいうちから海水浴に行かせたという人も多かったです。 ですが、最近は紫外線が強いなどの理由で、子供を外に出すのを避ける風潮があるのも事実です。 海水浴は、いったい何歳から始めるのがいいんでしょうか?

思春期ニキビと大人ニキビの違いは?原因や対策の方法を紹介!

思春期ニキビと大人ニキビの違いは?原因や対策の方法を紹介!

夏場になると増え始める顔のニキビ。 顔にできるニキビは、男女を問わない共通の悩みです。 ニキビには、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があることをご存知でしたか? 実はこの2つのニキビには、ちょっとした違いがあるのです。 自分のニキビがどちらなのかを確認して、正しい対策をしていきましょう。

蚊が活発になる時期や時間帯はいつ?越冬はどうしている?

蚊が活発になる時期や時間帯はいつ?越冬はどうしている?

私たちの血を狙って忍び寄ってくる蚊。 奴らは暖かくなってくると、どこからともなく大量に発生してきます。 蚊が増える時期になれば蚊取りグッズも大量に出回り始めるので、ある意味では季節を感じることができる風物詩と言えるかもしれません。 「蚊=夏」という図式は、これまでも、そしてこれからも変わることはないでしょう。 今回は、そんな蚊の生態をまとめてみました。