暑中見舞いの返事は必要?時期や文例も要チェック!

暑中見舞いの返事は必要?時期や文例も要チェック!

毎年のようにたくさん届く暑中見舞い。 ちゃんとお返しを書きますか?それとも書きませんか? お返しが必要だったり不要だったり、日本の行事はとてもややこしいです。 同じ夏の行事でも、「お中元」はお返しが不要で、「お盆」はお返しが必要なのです。 何が何だか分からなくなりますね。 ですが、余計なトラブルを避けるためにも、お返しマナーはきちんと知っておきたいところです。

お中元の金額の相場は?親戚や上司へは?中身は何がいい?

お中元の金額の相場は?親戚や上司へは?中身は何がいい?

お中元にどのくらいお金をかければいいかで悩んでいませんか? 今、無理に高級品を贈ろうと考えている人は特に要注意です。 なぜなら、高級な物を貰ったとしても、その人が喜ぶとは限らないからです。 ある程度安くても、贈るものによっては、相手を十分に喜ばせることができるでしょう。 「ある程度」って何?「贈るもの」って何? 今回は、そんな疑問に答えていきます。

お盆の海には幽霊が出る!?危険な本当の理由は?釣りもNG?

お盆の海には幽霊が出る!?危険な本当の理由は?釣りもNG?

「お盆の海には近づくな」 という言い伝えを聞いたことはありませんか? 私も、祖母から毎年のように言われてきました。 ただ、その理由が「幽霊から連れていかれる」という物だったので、ちょっと前までは田舎特有の迷信だと思っていました。 でも、「お盆の海は幽霊が出るから危険」というのは、全国的に結構有名な言い伝えのようです。 今回は、ちょっとホラーな話をお届けします。

虫よけと日焼け止めの併用は可能?どっちが先?子供でも大丈夫?

虫よけと日焼け止めの併用は可能?どっちが先?子供でも大丈夫?

にっくき蚊やアブを遠ざける虫よけ。 強い日差しから肌を守る日焼け止め。 どちらも、夏には欠かせない必須アイテムです。 特に海や山に出かける時なんかは、虫と日差しの両方が襲ってきます。 うっとうしいので、虫よけと日焼け止めを両方塗りたくなりますよね。 でも、それって健康に悪くないんでしょうか? 今回は、その秘密を明かしていきます。

お盆の時の仏壇へのお供え物は?金額の相場やお返しもチェック!

お盆の時の仏壇へのお供え物は?金額の相場やお返しもチェック!

お盆のお供え物には、マナーがあることはご存知でしたか? お盆のお供え物は5種類あって、それぞれに意味があって・・・そこまで知っている人は少ないと思います。 ですが、このマナーを知らないままだと、親戚一同の前で恥ずかしい思いをするかもしれません。 ここでしっかりと確認しておきましょう。

お盆の迎え火と送り火の日にちはいつ?燃やすものや焚く場所は?

お盆の迎え火と送り火の日にちはいつ?燃やすものや焚く場所は?

皆さんは、お盆になったら迎え火や送り火を焚いていますか? 祖母が昔からの習慣にけっこうこだわる人なのもあって、私の家では、迎え火や送り火を焚くようにしています。 実は、迎え火や送り火にも、きちんとした作法があるのです。 これを知らないと、ご先祖様が家まで帰ってこれないかもしれません。

日焼けによる火傷の対処法!水ぶくれや皮むけを安全に直そう!

日焼けによる火傷の対処法!水ぶくれや皮むけを安全に直そう!

日焼けによる火傷は、大きく分けて2種類あります。 赤く腫れる程度で済むものと、水ぶくれができるほどひどいもの。 特に、水ぶくれができているときは要注意です。 普通の日焼けとは対処法が違ううえ、一歩間違えば後遺症が残ってしまいます。 緊急時だからこそ、落ち着いて対処しましょう。

夏バテと冷房症では原因も症状も違う!?対策はどうすればいい?

夏バテと冷房症では原因も症状も違う!?対策はどうすればいい?

夏バテだけに気を付ければ、あとは大丈夫・・・ そう思っていませんか? 夏バテのようで夏バテとは違う病気、冷房病(またの名をクーラー病)。 エアコンの普及率が上がるとともに生まれたこの病気は、現代人の悩みの種の一つになっています。 夏バテとはいったい何が違うのでしょうか?